既に自己処理やクリーニング屋さんで染み抜きしても取れなかった場合でもご相談下さいませ

濃い色に見えるインクの塊の様なシミは取り除く時にかなり頑固な場合が多く生地を傷めやすいので気を付けましょう

はい、インクを取ろうとして洗剤や水を使った時に滲んだりする場合には、まだインクの成分が生地に定着しておらず比較的に綺麗に取り除く事が出来る状態なのです。

ですが、洗っても全く変化の無い状態やクリーニング屋さんに染み抜きでお願いして部分的に染み抜きしてもらっても全く変わらずに変化が見られない場合があります。

そんな時には既にインクは生地にかなり浸透しており、繊維に色が完全に定着してしまっているんですね。

その状態から取り除く為には普通の洗い方や染み抜きや漂白ではダメなのです。

おはようございますオノウエです。

そんな時に染み抜きの出来るプロのいるお店の場合には、漂白だけでも数種類の方法を使い取れないインクの染み抜きに対応する方法を行うんですね~♪

 

染み抜きの代表格ともいえるボールペンのインクには水溶性や油溶性や染料や顔料等様々な種類がありますのでそれぞれに適応した染み抜きが必要になります

一口にインクと言ってもその成分は沢山の種類があり、その中でも代表的な種類と言えば水溶性や油溶性のインクを使用したものがあります。

水性のインクとは成分の中に水を使用している場合のインクで、油性とは製造の段階で水を一切使用しないインクを使っている事を言います。

決して水性は水を使えば取れるから水性と言う訳では無く原料の中に水が使用されているだけなので、乾いてしまいますと油性のインクと同じ状態になります。

ペンキも水性は水を入れて薄めて使う事が可能ですが、油性はシンナー等の水ではない溶剤で薄めないと使えません。

でも両方ともインクと同様に乾くと同じ様な強度の状態になります。

しかもお洋服等の繊維に使用する場合には油性よりも水性のインクの方が落ちにくくなってしまうんですね!

今回の事例は既にお家での応急処置も行ったうえで、クリーニング屋さんに染み抜きでお願いしても取れなかったインクの染みです。

恐らくは水溶性のインクだと思います。
最終的には還元系漂白剤で取り除く事が出来ました!

インクはインクメーカーが様々な簡単には取れにくい工夫を考えて作られておりますので、当然の事ながらお洋服に付いてしまった場合にはかなりの強敵になってしまいます。

無理して生地や繊維を傷めてしまう前にご相談下さいね♪

「部分的に大量に付いてしまったインクのしみ抜きのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。