「付いてしまうと固まる系」のペンキやコーキング剤や接着剤がお洋服に付いてしまった

「付いてしまうと固まる系」のシミは基本的には洗剤を付けても漂白しても擦っても生地や色を傷めるだけで取り除く事は中々出来ません

はい、今回お預かり致しましたお品物は画像の部分以外にもかなり瞬間接着剤がお洋服に付いており、既にクリーニング屋さんでも染み抜き処理が行われましたが何も変わらなかったとの事でした。

接着剤は食べこぼし等の汚れとは根本的に違いますので、洗っても擦っても漂白しても取れる事は殆どありません。

取り除く為には接着成分を溶かす事の出来る薬品を使用しないと取り除く事が出来ないんですね。

勿論の事その接着剤が付いている状態によって対応策も変わるのですが、接着剤が生地の表面に乗っかって固まっている場合の状況でしたら比較的に取り除き易く爪先でカリカリとするだけでも取れる場合もあります。

ですが、接着剤が生地に浸透してしまい生地の繊維ごと固まってしまっている様な状況の場合ですと、取り除く為には接着剤を取り除く事の出来る薬品を使用する知識やその作業を行う場所も必要となります。

おはようございますオノウエです。

ですので接着剤を取り除いた事のある実績をホームページやブログ等のビフォー&アフター画像などで確認出来るクリーニング屋さんにお願いする方が綺麗に取り除く事が可能ですよ♪

 

同じ様なシミの種類には接着剤の他にもペンキやコーキング剤等色々ありますがどれも同じ様に初期対応で取り除けない場合には余計に染み込んだり広がったり生地を傷めたり致しますのでご注意下さいませ

接着剤を取る薬品には色(色素)にも影響がある場合が多く、染み抜き後には色も一緒に薄くなる場合もあり色修正が必要になる事もあります。

接着剤のシミを取り除く事の出来る薬品は、扱いが難しい物も多く生地の色に影響を与えてしまう薬品です。

もしも色が変化した時にお直しする事の出来る、「色修正(染色補正)」と言う特殊技術をマスターしておりませんと実は綺麗に仕上げる事が難しくなるんですね。

なので接着剤やペンキやコーキング剤等の染み抜きはクリーニング屋さんで断られてしまうケースが多いのです。

生地自体が薬品の力に耐える事が出来なくて溶けてしまうアセテートやトリアセテート等の生地もありますので完全には対応出来ない場合もあります。

その他の生地でしたら出来る限り目立たなくなる様にする事が可能な事が多くありますので、もしも接着剤が付いてしまった場合には出来るだけ何もせずにお持ち頂いた方が綺麗に取れますので諦めないで下さいね♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えや染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。