お洋服のクリーニングで取り切れていなかった汚れやシミは生地を継続的に痛めやすいのです

冬物衣料でお直し洗いを行っていない場合には黄ばみが発生しているかも知れませんよ

はい、まだまだ暑い日が続きますがその内「あっ!」という間に寒くなってきます。

その時に着用しようと出してみたお洋服に、取り切れていなかった汚れやシミは黄色く浮き上がってくる事があります。

お家でのお洗濯やクリーニング店のクリーニングやシミ抜きをしている場合でもそれは有り得るんですね。

しかもそのまま時間が経ってしまいますと生地を継続的に痛めてしまうのです。

おはよう御座いますオノウエです。

寒くなってお洋服を着用する前の今のウチにお洋服のメンテナンスをしっかりと致しましょう♪

 

お洋服に浮き出てきた黄色や茶色のシミは特殊シミ抜きで取り除く事が出来るかも知れません

お洋服でなく食器でもそうですが、汚れていたりシミが付いている状態で長期保管の様な状態が続きますと何らかの影響がお洋服には発生致します。

更にお洋服の場合には黄ばみも勿論そうですが虫害の被害にもあいやすくなってしまいます。

やはり着用すれば多かれ少なかれお肌と生地は直接触れてしまうので、シッカリと汚れやシミはクローゼットに入れる前に取り除いておきたいですね。

今回の冬物セーターに浮き出てきた黄色いシミもシッカリと落とす事が出来ました。

去年に衣替えクリーニング忘れてしまったお洋服は特に要注意ですので黄ばみの発生や虫害による生地のダメージ等のチェックを宜しくお願い致します!

ではでは〜。

【もしも黄ばんだり色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのお問い合わせはこちらはコチラ迄ご連絡下さいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す