襟の黄ばみ等は保管中に条件によっては後から数年かけて浮き出てくる事もあります

※右側がビフォーで左側がアフター

毎日洗っていたとしても取り切れない汚れ成分は時間が経ってきますと段々と変色して黄色くなり目立ってきてしまいます

はい、今回は白いジャケットの襟部分がかなり黄色くなってしまったので何とかして欲しいとのご依頼をお受け致しました。

襟の黄ばみ等は保管中に条件によっては後から数年かけて浮き出てくるタイプもあります。

毎日洗っていたとしても取り切れない汚れは存在しており少しずつ蓄積されていき、取り除き損ねた汚れ成分はやがて時間が経ってきます変色して黄色くなり目に見えて変化が分かる様になります。

おはようございますオノウエです。

今回ご依頼のお洋服は少し普通と違う部分としては要所要所にリベットが打ち込んでありなす。

全体的に漂白してしまいますとその金属製のリベットが変色してしまう恐れがあり、全体の漂白が出来ないので今までの汚れが蓄積されて黄ばみが酷くなってしまっていると言う状態なんですね。

 

※上の段が半分が黄ばんでいる状態で下の段が半分が黄ばみを取り除いた状態

衣替えのお直しの時期にやはり気になりますのが白色や淡色系のジャケットやシャツの襟元や袖口の頑固な黄ばみです

特に襟回りのお肌が直接触れる部分に等は黄ばみ等の状態が顕著に現れてきます。

綿製品などの生地はそう簡単には傷む事はありませんが酷い場合には、生地よりも先に縫い糸が劣化して切れてしまったりほつれたりする事もあります。

今回の様にリベットの様な金属製の付属品がありますと全体的な漂白処理を行う事は出来ませんので、黄ばんだ部分だけをピンポイントで漂白する「特殊部分漂白」が有効になります。

そうすれば金属製の付属品や弱っている部分にも負担を与えずに黄ばみを取り除く事が可能なんですね♪

もしもお近くのクリーニング屋さんで染み抜きを断られたり行っていない場合にはこちらまでご相談下さいませ。

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。