水性インクは水性は落ちやすそうなイメージですが実はお洋服についてしまいますとそうとう落ちにくいのです

実際にお洋服の生地に付いてしまいますと油性のインクよりも落としにくいのは水性インクなのです

はい、油性インクは落ちにくいと基本的には認識していますよね。

勿論の事、紙に使用した油性インクは非常に落ちにくく馴染まないので重宝されているかと思います。

油性は水を一切使わずに油のみで色を溶かし込んで製造されております。

お洋服にもしも油性のインクが付いた場合には油性ですので油由来の洗剤やシミ抜き剤を使い対応致します。

おはようございますオノウエです。

油性インクは意外とお洋服の生地等に付いた場合には、最初の段階でシッカリと油性シミ抜き処理さえ行えばかなり取り除く事が出来るんですね。

 

実は水性インクは水を使って色を溶かし込んだものですので油性よりも落としにくいのです

水性インクがお洋服の生地に付いてしまった時に落としにくくなるのは製造の段階で水が使われているからなのです!

多分(笑)

でも本当にお洋服に付いた時には落ちにくいです。

水性インクの製造には油も何割か使われている事も有りますが、油と水のハイブリッドも含めて両方とも材料(溶媒)に水を使っていますので水性のくくりになります。

平たく言いますと油性は水を一切使用してないから油性。

水を使ってたら水性だから水の他に油を入れても水性って事なんですね。

ペンキ等の場合には液体の状態で油で薄める事が出来るのが油性で、水で薄める事が出来るのが水性って感じです。

そしてお洋服に付いてしまい乾いてしまったら、もう油性も水性も同じような状態になります。

ですが水性の場合に限り、すでに水を使用しているので油性に比べて色が定着して取れにくい訳なのです。

その他にも顔料(がんりょう)が使用されている事もありその場合にほゲルインクと呼ばれます。

ゲルインクは更に落ちにくく、最初の応急処置の段階で擦ってしまうと生地の奥深くまで顔料が入り込み完全には取り切れない状態になる事もあります。

もしもお洋服にインクが付いた場合にはシミ抜きの出来るクリーニング屋さんなら、現状より必ず良くなるはずですのであきらめて捨ててしまう前に是非ご相談下さい♪

ではでは~

【お家で洗っても取れない汚れやシミのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。