チャック部分の布が裂けてしまい使えなくなってしまった事はありませんか?

チャック部分の布は開け閉め時に負荷が掛かりやすく裂けてしまいやすい部分なのです

はい、チャック部分のトラブルと言えばよくありますのがチャックが縫い込んである布部分の破損です。

チャックの開け閉め時には布部分に負荷が掛かりやすく、布地が弱ってしまいますと歪みから裂けてしまい易くそうなりますとチャックの全交換しかないと思われがちです。

おはよう御座いますオノウエです。

実はその破れてしまった布部分だけを修復する事によってチャックを全交換せずにお直しする事が可能な場合もあるんですね♪

 

チャックの付いている布部分は破れても再び部分的に縫い込む事によってお直し致します

チャックの開け閉めはリュックの場合ですとどうしても片方の使いやすい側ばかり開け閉めする事が多く、その部分にだけ他の場所よりも痛むのが早くなります。

出来れば反対側もたまに使用してダメージが拡散する様にしたいところですが中々そうも行きませんよね。

ならば少しでもチャックの根元の布部分が痛んできたと思った場合には治したいことろです。

ですので、裂けてしまう前でも早めに布地を強化する事によって防げたりするんですね。

既に布地が裂けてしまっても新たな布地を足して強化する事によって再び使用する事は可能なのです。

チャックの全交換に比べても価格を抑える事が出来ますので是非ともお声かけくださいませ♪

ではでは〜。

「全国配送対応のクリーニング&しみ抜きのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。