お家で取り切れない黄色いシミは一手間掛ければ取り除く事が出来るかも知れませんよ

洗っているのに取れない様な黄色いシミはさっき付いた食べこぼし等の固形物質のシミとは違います

はい、洗っても取れない黄色いシミの場合には既に時間を掛けて生地の繊維の色自体を変化させている場合が多いです。

既にシミではなく色素が定着した変色ですので、取り除く為には「酸素系漂白」を行う事が必須になるんですね。

しかしその酸素系漂白を行う前に、最も重要な行わなくてはならない事があります。

おはようございますオノウエです。

それは部分的なシミや変色の状態である部分に張っている油膜を取り除くという事なのです。

 

シミや変色の部分には油膜があるので酸素系漂白を行う時にそれが邪魔となり漂白作用を軽減させてしまうのです

酸素系漂白は変色等の色素を取り除くのにその効果を発揮致しますが、油膜がありますとその力を存分に発揮出来ません。

そうなりますとお洋服に出来た黄色いシミをいくら漂白しても完全に取り切れない様な状態が発生してしまうんですね。

ですので先ずは漂白作用を黄ばみにシッカリと効かせる為には、先に油性の汚れを出来るだけ取り除いてから酸素系漂白を行う必要があるのです。

お家での対策としてはスポットで油性の汚れをシッカリと取り除く為に、部分的に台所用の中性洗剤を黄ばみにピンポイントで綿棒を使い叩いて浸透させてます。

それからお洗濯をしてその後に漂白をするという順番になります。

そうすればその部分だけに台所用の中性洗剤の成分が局地的に働き、油性の汚れをより一層取り除く事が出来ます。

ただし、色柄物のお洋服の場合には色が変化してしまう場合もありますので、ピンポイントの染み抜き処理や全体漂白等を行う場合には色落ちが発生しない様に気を付けましょう。

お家では黄色いシミを完全に取り除く事が出来ない場合にはご相談下さいね。

ではでは〜。

「襟の黄ばみがお家でのお洗濯で取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。