ロゴマークは異素材の場合が多く色落ちや色移りが発生しやすいのです

お洋服のブランドロゴマークはプリントや刺繍等の場合が多く本体とは違う素材なので気をつけましょう

はい、殆どのお洋服の場合にはブランドロゴマークの部分は本体の素材とは違う素材が使用されている事が多く、お洋服全体を洗ったり漂白をした場合にはロゴマークだけトラブルを起こしやすいです。

プリント物の場合には必ず製造されてから時間が経ちますと空気に触れている限り加水分解を起こして劣化していきますので、やがてベタついてきたりボロボロと剥がれたりする劣化ぎ始まります。

全体的に漂白を行った場合にはロゴマーク部分だけ異素材のフェルトや刺繍や皮革の場合には、色が滲み出てしまい本体の生地に色が移ってしまう事もあり取り除くにはかなり手間が掛かってしまいます。

おはようございますオノウエです。

ある意味お洋服の価値の部分でもあり一番目立つ所にありますので常に気を使いたいものです。

 

ブランドロゴマークの部分は本体とは違う素材が使用されている場合が多く実はしみ抜きがしにくい場所でもあります

今回のしみ抜きのご依頼も自宅で洗った時に乾いてから見てみたらロゴマークから色が滲み出てしまっていたので取って欲しいとのご依頼でした。

ロゴマークの周りの部分にある油膜を取り除き色移りは部分的に漂白を行い取り除きます。

1度では完全には取り除けませんので、何回も繰り返しながら慎重に行い徐々に取り除きます。

数回色移り取りの処理を繰り返す事によって殆ど分からなくなりました。

もしもブランドロゴマークの汚れやシミが気になった場合にはご連絡下さいませ。

ではでは〜。

「ブランドロゴマークの汚れやシミや色移りのご依頼はこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。