シミ抜きを自分でするかそれともプロに頼むかを迷っている方へ

 

o0400059712859642193

 

そんな時にはどういたしますか?

はい、最近では、テレビでもお家で出来るしみ抜き情報とか、ネットで検索して見れば沢山のシミ抜き方法が出てきます。

そりゃあ実際のトコロ、少し付いたぐらいのシミでいつも着ているお洋服なら、自分でシミ抜きして取れればそれで全然OKですよね。

そんな感じで高級品でもないし、お家でいつも洗濯してるしというお洋服なら、出来る限りシミ抜きは自分でしたいと思うのが普通です。

 

ですので、自分で取れるかどうかの微妙なシミが付いてしまった場合には、いろんな事を考える訳です。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
どういったリスクがあるのか、一緒に考えてみましょう。

 

 

しみ抜きの場合に求めると事とは

ええ、自分でシミ抜きする場合には。

料金=出来るだけかからない方がイイ
時間=出来るだけ早い方がイイ
手間=出来るだけかからない方がイイ

 

クリーニング屋にシミ抜きを頼む場合には。

料金=出来るだけかからない方がイイ
時間=出来るだけ早い方がイイ
手間=どっちでもイイ

 

こんな感じですかね。
お家でもクリーニング屋でも、求める事は同じような感じですね。

もちろん、自分でシミ抜きをする場合にはお家にある洗剤を使えば、コストはほとんどかかりません。

でも、道具やシミ抜き剤や漂白剤を購入すると、500円ぐらいは掛かります。

 

例えばブラウスをお洗濯して、シミ抜きすると致しましょう。

 

○例えば自分でする場合

材料コストは低い分、手間を掛けなければいけません。
ここで、時間と手間が発生致します。

そうすると、トータルでいくらなの?という計算になりますね。

 

私の時給は1000円よ♪という方の場合は。
例)自分の時給1000円、時間一時間、材料500円、合計1500円。

リスク=自分。

時給が0円なら、料金は材料代のみで、材料もあるなら、トータル0円。
あとは、時間とリスクが掛かる訳ですね。

 

まあ、こんな感じになります。
リスクとしては、自分でしているので取れなくてもひどくなっても自分で納得できます。

 

でも、ヤッパリ失敗は嫌ですよね。
そこが気になるのなら、クリーニング屋ももちろんアリですよね。

 

○例えばクリーニング屋の場合

クリーニング屋ごとに、クリーニング料金もシミ抜き料金もバラバラですが、表示価格で見るのではなくお支払した金額で見る方がイイでしょう。

 

例えば、通常のクリーニング代金が600円の所、会員なら300円。
500円のシミ抜き代金が今なら100円。

という場合なら、実質的には常にトータル400円の代金のお仕事になります。

 

 

比較的安いお店の場合

例)クリーニング代300円、シミ抜き代金100円、合計400円。
仕上がり時間は2日。

リスク=クリーニング屋。

400円分のお仕事。

 

通常のお店の場合

例)クリーニング代500円、シミ抜き代金500円、合計1000円。
仕上がり時間は5日。

リスク=クリーニング屋。

1000円分のお仕事。

 

クリーニング代金やシミ抜き代金は、単純に通常の表示価格ではなく、支払った料金が高ければ比較的期待できますが、安ければそれなりでしょう。

 

 

 

o0450045013225563465 (1)

 

もし、クリーニング屋で処理をして落ちなかった場合には

その場合には、すでにお洋服にシミを落そうとした時に発生した、ダメージが蓄積されています。

シミ抜きでは、薬品の化学変化や熱が掛かっておりますので、再度同じ部分の処理をやり直す事は、リスクがかなり高まります。

一度シミ抜き処理をしているお洋服はシミを取る為に、さらに余分な手間と時間と料金が、発生いたします。

これらの事からして、リスクとしてはシミに思っていた以上に変化が無かった場合や、トラブルがあった場合の対応なども含めて考えた方がイイといえます。

 

 

結論

『お家でシミ抜きするなら、ある程度のリスクの覚悟が必要です。』

『クリーニング屋に頼む場合には、価格が安すぎないシミ抜きに定評のあるクリーニング屋を選ぶ事です。』

 

クリーニング屋の評判は、ご近所さん数人に聞いて見れば確実です。
あとは選ぶだけですね。

もちろんウチもお受けしています♪

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す