食べこぼしの汚れはその時には乾いて見え無くなっても時間が経つ事により見える様になってきます

クローゼット保管中に浮き出てくるようなシミを防止する為には目には見えない殆ど分からないシミを取り除く必要性があります

はい、例えば見た目には透明のお酒やジュースならお洋服に付いてしまっても乾いてしまいますと分かりにくいですよね。

しかしその目には見えない汚れやシミは確実にお洋服に付いてしまっている訳ですので、必ず取り除いておかないと後々に時間が経ってから黄色くなってきたりして浮き出てきてしまうんですね。

おはようございますオノウエです。

目には見えないけど何かが付いてしまった記憶がある内に水溶性の汚れやシミを取り除く為にお洋服をしみ抜き処理をする事が必要になってきます。

そんな時には商業ウエットクリーニング(「W(ダブル)クリーニング」とも言われている)と言うクリーニング屋さんでしか出来ない特別な水洗いの洗い方でメンテナンスしてもらいましょう!

 

後から浮き出て着る様なシミは突然発生するのではなく元々から付いている汚れが時間と共に浮き上がってくるからなのです

クローゼットやタンス等の密閉空間ですと特に外気との温度差が激しい場合には結露も発生しやすく、お洋服の生地や色(色素)もシミのある部分から劣化しやすくなってしまいます。

また空気の流れが滞りますと湿気がたまり湿気取り等で対策を取らないとカビの原因にもなりますので気を付けましょう。

今回の事例も恐らくは過去に完全には取り切れなかった見えない古いシミが現れて変化したものと思われます。

保管中のお洋服に大ダメージが発生してしまう前に、商業ウエットクリーニング(「W(ダブル)クリーニング」とも言われている)等の特別コースを行って未然に防ぎましょう。

お洋服を着用後や長期保管する前や保管中や着用前の状態はシッカリとチェックして管理致しましょう。

ではでは~。

【時間の経ってしまった染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。