お洋服の黄ばみは時間が経つと色も傷んでしまいますので早めにキレイにしてあげましょう

特に色柄物の場合には襟元が黄ばんでいたら色が傷んで抜けてしまいますのでその前に綺麗に取りましょう

はい、既に洗ってあるはずのお洋服でも時間が経つと襟や袖口は黄色くなってくる場合があります。

それは何故かと言いますと着用時に付いてしまった襟や袖口の皮脂汚れがお洗濯では取り切れていないのが殆どの黄ばみの原因なんですね。

「洗っているハズなのに皮脂汚れが残っているなんてどういう事?」

となりますが、
基本的にはお家でのお洗濯で使用致しますのはデリケート品洗いの中性洗剤か弱アルカリ洗剤になります。

それらの洗剤で洗うだけでは襟や袖口の皮脂汚れは完全に落とせないんですね。
洗う前に襟や袖口の部分だけに皮脂汚れが取れやすいようにする工夫が必要です。

その工夫はこちらのブログを参考にどうぞ♪
見た後に戻ってきてね(笑)

洗っても落ちない黄色のシミのほとんどは変化してしまった汚れやシミのタンパク質です

おはようございますオノウエです。

少しでも皮脂や汗の成分がお洋服に残っておりますとそれを取らない限りその皮脂や汗の成分が劣化していき生地を変色させていきますので要注意ですね♪

 

一度でもお洋服を着用致しますと直接お肌が触れている場合には必ず皮脂汚れが付着しそのまま時間が経つと変色等が発生致します

襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には必ずと言っていいほど汗を掻きそこに汗の成分が付きます。

その汗の主成分である水溶性の汚れは通常のお家でのデリケート洗いやクリーニング屋さんのドライクリーニングだけでは完全に取り除く事がどうしても出来ません。

それを防ぐには水を使った特殊なクリーニング屋さん専門の洗い方で水溶性の成分もお洋服から取り除けるコースをクリーニング屋さんに出す時には相談致しましょう。

汗や皮脂汚れは付いて直ぐなら見た目には殆ど分かりませんが、時間が経つと皮脂汚れや汗が変化して目に見える様になります。

ですがもうその時には汗のシミからすでに落ちにくい変色に変わっている場合が多いのです。
変色とは元々の生地の色が変わってしまっている事を言います。

特にエリや袖口のお肌に触れやすい部分は色がよく抜けたり変色してしまいます。

汗は乾く事により目には見えない状態になり成分は生地に残り、さらに成分は凝縮され繊維や色にダメージを与え続けてしまいます。

ですので襟や袖口の皮脂汚れは早めの処理が必要なんですね。
という訳でシミ抜きのご相談はコチラからお願い致します♪

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。