白衣や制服に付いたボールペンのインクを取ろうとして取れなかった場合にはお持ち下さいませ

お家のお洗濯でペンを入れたままお洗濯してアチコチに付いてしまってもそれでもどうしても取らないといけない場合がある

はい、最近では白衣に付いてしまったボールペンのインクの中でも、特に取れにくいゲルインクのしみ抜きのご依頼を頂きました。

どうしても学校の制服や病院の白衣はどうしてもペンやマジックのインクが付きやすい環境ではあります。

特に白衣の場合には病院からレンタルで支給されている場合がほとんどですので、最終的には会社にお返ししなくてはいけない場合も多くボールペンのインクが付いてしまったらそのままにする訳にもいきませんよね。

もちろん着用中にボールペンのインクが付いてしまう事も多いのですが、お家のお洗濯でペンを入れたままお洗濯してアチコチに付いてしまうケースもあります。

そんな場合には「どうしても取らなければならないシミ」になってしまいます。

おはようございますオノウエです。
もしもそうなってしまったら、出来れば何もしないで持って来て頂くか何かをしてしまったらその時点でストップして早めにお持ち下さいね♪

お家でのお洗濯を行う時にはお洗濯前のポケットチェックが必須です

クリーニング屋さんではほとんどのお店での受付カウンター時にはポケットの中をチェック致します。
その後にはさらに、お品物一点づつに番号管理の番号フダを付ける時にもう一度チェック致します。

ですのでほとんどの場合には受付時にポケットの中になにか入っていた場合にはお返しできるんですね。

でもお家でのお洗濯の場合には、洗う前には自分でセルフチェックする場合が多い為に何も入ってなかったハズとスルーする場合が多いのです。

そうして「まさかボールペンが入っているとは気が付かなかった」と言う事になりインクがボールペンから滲み出てインクが他のお洋服にもアチコチに付いてしまったと言う事が起きてしまいます。

もしもインクが色んな場所に付いてしまったら、先ずはしみ抜きや漂白はせずに何もせずに触らずにシミ抜きに力を入れているクリーニング屋さんに事情を説明してからお願いいたしましょう。

今回の事例は除去率100%でした♪

ちなみにしみ抜きのプロなら90%ぐらいまでは落としてくれるはずです。
何故ならお家ではマネの出来ない洗剤や機材や知識や技術が有るからです。

あとの10%は、素材や状況(すでにある程度処理がされている等)によりますので何とも言えませんが、現状よりは良くなると思います。

ただ、大量の高価な薬品や時間と手間が必要になりますのでシミ抜き価格はソコソコ掛かりますのでご了承くださいませ。

事前にどれぐらい掛かるのかを知りたい場合には画像を送って頂ければ無料でお見積り致しますよ♪

【宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。