お洋服がもしもインクまみれになったら自分ではしみ抜きや漂白はせずに何もせずに先ずは事情をお聞かせ下さいませ

インク爆発(インクが大量に付いている状態の事)のしみ抜きは料金が意外にも高く付きますがそれでもどうしても取らないといけない場合には焦らずにお持ち下さいませ

はい、ついついお仕事で使用する制服や白衣等にペンやマジックのインクが付いてしまうと焦りますよね。
しかも洗濯機の中でペンが壊れて出てきたインクがお洋服にベットリと付いた時にはかなりヘコみます。

そんな時には先ずは焦らずに何もしない事。

実はインクって大量に一か所に付きますと、黒と言うよりは赤っぽくなったり青っぽくなったり致します。

そしてその状況の時に、ご家庭で使用する洗剤やしみ抜き剤や漂白剤を使用するとアッと言う間にインクが広がってしまい、二進も三進(にっちもさっち)もいかなくなってしまいます。

ですのでどうしてもインクの染みを取りたいと思う時には何もせずに持って来て頂くのが一番取れやすい状態なんですね。

でも濡れているとアチコチに付いたり致しますので、洗濯してしまった場合には取り敢えずドライヤー等は使用せずに自然に乾かしてから持って来て頂けると助かります。

おはようございますオノウエです。
そして持って来て頂ければ薬品と機械と知識と技術を総動員してインクを出来る限り除去致します♪

 

先ずはインクを取れやすくする為に油性のしみ抜き剤を使用してインクを別出来る限り取り除きます。

薬品のパワーで取り除いた後には染み抜き用の機械を使用して薬品+機械のパワーでインクをさらに取り除きます。

使用した薬品は今回の場合には3種類使用致しました。
後は残った色素を部分的に漂白して終了です♪

結構キレイになりました。
今回はこの様なインクが一か所に集中した個所が肩口とポケット内とその他一か所に付いていました。

 

もしも今回の様にインクまみれになってしまったらまずは何もせずにシミ抜きに力を入れているクリーニング屋に事情を説明してからお願いいたしましょう。

プロなら80%ぐらいは落としてくれるはずです。
あとの20%は、素材や状況(すでにある程度処理がされている等)によりますので、何とも言えませんが現状より良くなることは確実です。

ただし、大量に高価な薬品や時間と手間が必要になりますのでシミ抜きの価格はソコソコ掛かります。
そこは仕方ないと思って下さいませ。

でもホント綺麗に落ちれば僕も嬉しいです♪

ではでは~。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。