摩擦により変化しやすく色が剥げてきたりする濃色のお洋服の襟部分メンテナンスはご相談下さいませ

 

生地や染料が痛んで剥げ落ちたりする現象の根本的な原因は洗濯により取り切れていない汗や汚れのダメージが生地に蓄積しているからなのです

はい、あくまでも生地の染料が剥げ落ちたりする現象は、その殆どの場合がお洋服の生地が食べこぼし等の汚れが付いてしまった状態で酸化して色素が劣化した事が原因です。

クリーニングを行なう事やお家のお洗濯で洗ったりする事で起こってしまう色褪せ等は、洗う事によって傷んで弱ってしまった色素が汚れと一緒に流れ出てしまうといった現象なのです。

洗う事によってお洋服に色剥げ等のダメージが顕著に表れてしまう引き金にこそなりますが、洗うと言う事自体は生地を傷めた直接の原因では無い事がほとんどなのです。

もしも、

お家で衣類の色が変わってしまったり抜けてしまったら、そんな時にはクリーニング屋さんの特殊技術である色修正(染色補正)をオススメ致します。

そうすればお洋服を捨てずにまだまだ着る事が出来ます。

おはようございますオノウエです。
捨てる前にぜひ一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

 

汗や汚れをそのままにしていると染料や生地は大ダメージを受けてしまい傷んでしまいますがある程度までは直す事が出来るかも知れません

例えば食べこぼし等の汚れをそのままにしてしまいますとタンパク質であるシミが腐食いたします。
汗は乾く事により目には見えない状態にはなります。

ですが、成分はお洋服に残りさらにその成分が凝縮されて変化を起こし、汗が付着した状態で時間が経ってしまった場合には染料が劣化してしまいます。

そのお洋服をそれらのダメージが蓄積されている状態でお洗濯やクリーニングを行いますと、クリーニングして洗った事が引き金となり劣化した生地や染料が剥げ落ちたり致します。

特に濃色の綿のお洋服は着用致しますと、そのままにしていても汗や汚れが付いている部分が部分的に色が痛み色が変わったり抜けたり致します。

かと言って洗い過ぎても全体的に徐々に色は薄くなります。

ここは悩みどころですが、

【お洋服に対する洗濯頻度の影響】

①洗う頻度が低いと部分的に生地や色が傷み部分的に色が薄くなる可能性が高くなります
※部分的に色が変化してしまいますと目立つので、直すには有料で色修正代金が掛かる可能性あります。

②洗う頻度が高く着用したら洗うと全体的に色が薄くなるが均一なので違和感がない
※全体的に色の変化が均一なので見た目は色の差がない為に経年劣化として着用出来ない事も無い。

※クリーニングISEYAのお家でのお洗濯セミナーより

どちらを選択するかのバランスを考えてメンテナンス致しましょう。

今回お受けしたジャケットの襟の劣化した色剥げも修正してまた着ていただける様になりました。
お家のお洗濯でもし色が抜けたり他の色が付いたりした場合でもまだ治せるかもしれませんからね。

是非とも特殊技術である色修正(染色補正)の出来るクリーニング屋さんへお越しくださいませ。

ではでは~。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。