お家でのお洗濯で色移りするとかなり取れにくくなりますのでお洗濯時にはシッカリと色分けを致しましょう

お家でのお洗濯で色移りしてしまった場合には出来るだけ触らずにご相談下さいませ

はい、お家でのお洗濯時に色柄物と一緒に淡色系のお洋服を洗ってしまい色が移ってしまう事が多くある様ですが、実は原因は色柄物と一緒に淡色系のお洋服を洗ってしまう事だけでは無いんですね。

お家でお洗濯する場合には当然に洗剤を使います。

洗剤には汚れが良く落ちる様に色んな種類がありましてその中の1つである弱アルカリ性の洗剤は、汚れを落とす力が強いのです。

ですので色柄物の生地が汚れや擦れ等のダメージを受けておりますとその部分の色素(色)が傷んで弱アルカリ性の洗剤力で動いてしまう事があるんですね。

特に洗剤を含んだ水に長時間浸けっぱなしの状態ですと色が動いてしまい移りやすいのです。
ですので取り除く時も色が移ってしまう時のメカニズムと同じ要領で取り除きます。

この様に原因の一つには濡れた状態が長く続いている事も上げられるんですね。

おはようございますオノウエです。
色んな状況が重なる事によって色移りは起きてしまいますので1つづつその原因をクリアしていくしかありませんよね♪

 

お洗濯のすすぎが終わり最終脱水後から洗濯物を干すまでにタイムラグが発生した場合には更に濡れている状態が長く続きます

お洋服が濡れている状態が長く続くのはお洗濯により弱った動きやすい色素(色)が他のお洋服に動いて付いてしまう原因の1つにもなり得ます。

特に素材の中にナイロンが含まれていますお洋服ですと色が付いてしまうと基本的にはほとんど取れなくなってしまいます。

更に濃色の場合にはヘタに色を取ろうとすると薄くはなっても広がったり輪ジミが発生してしまう事になってしまったりする事もあります。

今回の色移りは油性や水溶性のしみ抜き剤でも酸素系漂白剤を使用しても全く動きませんでしたが、違う種類の漂白剤を使用する事で生地色のブルーもダメージを負う事も無く上手く取る事が出来ました。

酷い時には移った色が全く動かなかったり、元々の生地色が抜けたりも致しますから今回は直って良かったです。

どんな原因であれお洗濯時にはシッカリと色分けをすればかなりのリスク軽減になりますので宜しくお願い致します!

もし今回の様な出来事が起こってしまったらご相談下さいね♪

ではでは~。

「お家お洗濯で発生した色移りを取りたい時のしみ抜きのご依頼ははコチラ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。