お家でのお洗濯時に色柄物と一緒に淡色系のお洋服を洗ってしまい色が移ってしまう事例が多くあります

お洋服は色移りした色が定着してしまいますとかなり取れにくくなりますのでもし色移りしてしまった場合にはご相談下さいませ

はい、お家でのお洗濯でのやっちまったランキングで二位ぐらいなのがお洗濯時に濃色のお洋服と一緒に洗ってしまった淡色系のお洋服に付いてしまった色移りです。

因みに一位はペン類を一緒に洗ってインクが付いてしまったやつですねー。
ホントにどちらも起こってしまった場合には「おわぉぉ・・」と天を仰いでしまう程に落ち込んでしまいます。

今回お預かりのお品物は恐らくお家での洗濯時に色がアチコチに移ってしまったと思われる色移りの染み抜きです。

お家でのお洗濯では色移りが起こってしまう可能性のあるお洋服を洗う場合のコツですが、色の濃い物と薄い物を分けて洗うのは大前提です。

それよりも一歩先を考えますと、もう色が出てくる前提で色が滲み出てきて他のお洋服に移ってもあまり目立たない様なお洋服をまとめて洗う事がコツです。

おはようございますオノウエです。

逆の発想ですね!
「色が出てくるものは仕方なし」と時には諦める事も大切です(笑)

色止めの処理をしても色が止まらないお洋服の生地が実際にあるのも事実ですからね。

もう一度言いますが、色が出て当たり前のお洋服と一緒に洗って色が付いても問題ない様な色のお洋服を一緒にまとめて洗うのがコツなんですね♪

 

洗剤や漂白剤が混じった水に長時間お洋服を浸けこんだ状態で放置いたしますとが生地の色が弱って動いてしまい色が滲んだりする事があります

色移りが起こる時の現象は汚れを取り除く為に行った漬け込み漂白等で非常に起こりやすいのですが、その原因はお洋服の色素が傷んでしまい動き易くなっているので汚れと一緒に取れてしまうからなのです。

漬け込み漂白のメカニズムで汚れが取れる状態と同じ要領で色が移ってしまうんですね。

ですので取り除く際にも移ってしまった色の成分は元々移動しやすい色ですので同じ漬け込み漂白が有効となってきます。

勿論の事、プロが行う色移り取りの場合には移染除去剤やアルカリ効果を使用して傷んで弱っている他の生地から出てきて付着した色だけを取り除く事が可能なんですね。

他にも特定の生地なら色素だけを取り除く事の出来る薬品もありますので、生地の種類によって使い分けて色の移った部分だけをピンポイントで取り除く事が可能なのです。

そこはプロの知識と技術と機械力と技の見せ所となります。

その他にも色んな状況が重なる事によって色移りは起きてしまいますので、その原因を1つづつクリアして取り除くんですね。

もしも今回の様な出来事が起こってしまったら是非ともお声掛けくださいませ♪

ではでは~。

「お家お洗濯で発生した色移りを取りたい時のしみ抜きのご依頼ははコチラ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。