白や淡色系のキャップは皮脂汚れや汗が長時間付着していると黄色く変色してしまいます

キャップの内側やつば部分はお肌が直接触れる事が多く汚れや汗が付いておりますと変色の原因となります

はい、キャップを着用した場合には内側の部分は当然の事ながら、頭や額に直接触れてしまいますので皮脂汚れや汗が付着しやすいのですが手で触る事の多いつば部分の特に先の部分も意外と変色しやすいんですね。

変色しやすいキャップですが変色が起こってしまう前の早めにメンテナンスさえすれば比較的にキレイな状態を保つ事が可能なんです。

おはようございますオノウエです。

実はその方法とは洗う頻度を上げる事なのです。

使用頻度の割には非常に洗う頻度の少ないのが帽子やキャップですので、出来るだけ洗う回数を増やすだけで黄ばみが発生するのを抑制する事が可能になるんですね。

 

洗濯表示が付いており水洗いが可能なキャップは水洗い頻度を高めるだけでも変色の原因となる皮脂汚れや汗をある程度取り除く事が可能なのです

特に汗の成分は水溶性でありクリーニング屋さんのドライクリーニングでは落とせませんので水洗いが有効になります。

しかし、お家での水洗いのリスクとしてはワッペンや皮革の付属品等から色が出たりする事もありますので必ず洗濯表示を確認してから洗いましょう。

仕上げる際に生地が縮んでしまっている場合には、アイロン掛けが非常に困難な場合もありますので中々お家で洗って仕上げるのにはハードルが高いとは言えます。

因みにクリーニング屋さんでは「ドライクリーニング」以外にも「ウエットクリーニング」(商業水洗い)や復元加工(店舗により名称は違います)等の様々なコースがありますので、お家で行うのが難しいと思った時にはご相談下さいませ。

既に黄色や赤色に変色してしまったり形崩れしてしまったりしていてもお直しする事は可能ですので諦めずにご相談下さいね。

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも配送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。