シミが付いてしまったお洋服を洗わずに数年間の間クローゼットの中に仕舞っているとどうなるのでしょう

食べこぼしのシミと言う事は当然腐食いたしますのでウール製品の場合には特に劣化しやすく糸が痩せたり色が変わります

はい、購入してからまだ着用もしていないお洋服でもクローゼット内の保管状況によっては湿気や暖房器具等のガスにより色が変わる事が有ります。

そのお洋服が着用後にシミが付いている状態でそのまま長期保管すればどうなってしまうのか想像付きますよね。

一度でも着用したお洋服には空気中の油煙やススやホコリも付いていますし、着用中には食べこぼしや突発的なシミも付きます。

それ以外にもお洋服の生地には着用した時に付いてしまった人間の皮脂汚れや汗等のタンパク系の汚れが付きます。

これらの汚れは食べこぼし含めて殆どの場合は時間が経ってしまいますと腐食したり変色してしまいます。

おはようございますオノウエです。
はい、もうお分かりの通りですね。

でもシーズン中なら頻繁に洗わなくてもお品物にもよりますがブラッシングや陰干し等でメンテナンスをすれば長持ち致しますのでシーズン終わりには必ずクリーニングして下さいね。

 

洗わなくてもエリに付いたリアルファー等は外的要因で部分的に汚れが付いてしまった時以外はシーズンオフのお直しまでは自己メンテナンスで十分です

例えば衣類に付いたホコリなの度場合にはブラッシングなどを家の外で行い外部でくっついたホコリや衣類の害虫の卵等を払って取り除く事によってメンテナンスは可能です。

そうすれば頻繁にクリーニングしなくても大丈夫です。

ただし、直接お肌に触れる部分や外的要因で部分的に何かが付いた場合にはクリーニングやしみ抜きが必要と思って頂ければ良いと思います。

基本的にはクリーニングする必要性を感じなければクリーニングしないという選択肢もありますが「洗わない」選択肢を選んだ場合には覚悟をしておかなければならない事が有ります。

もちろん一度でも袖を通せば例え短時間であろうとそのままにしておきますと皮脂の汚れが時間と共に糸にダメージを与えて経時劣化が起きてしまいます。

長時間洗わずに着用して久しぶりにクリーニングすると劣化した色(色素)がお洗濯中に流れたり色落ちや変色等の異常がハッキリと表に出てしまう事も多々あります。

この様なお洋服へのダメージは「洗わない」選択肢を選んだ場合にはある程度覚悟しておく必要はありますのでお気を付け下さいね。

 

最近ではスプレーでシュッとして終わりと言う様な洗わずに長時間着用する事を多くお伺いいたしますが、もちろんその状態も汚れが取れている訳ではなく上からコーティングしているだけなので色(色素)や生地や糸を傷めますから緊急時以外の常時の使用はおさけ下さいませ。

もしも気になる場合には信頼の出来るしみ抜きの実績のあるクリーニングさんへご相談くださいね♪

ではでは~。

「しみ抜きの出来るクリーニング屋さんがお近くに無い場合のご相談はこちらへ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。