マニキュアがお洋服に付いてしまった時には焦って除光液で擦りがちですがそれ危険です


除光液を使ってはダメな繊維で「アセテート」という繊維もありますから先ずは落ち着きましょう

はい、お洋服にマニキュアを付けてしまうシチュエーションでありがちなのは、時間を短縮しようとして移動中の乗り物の中でマニキュアを使用してしまう場合です。

そんな時に限ってこぼしてしまったり乾く前にお洋服に付けてしまったり致します。

やはり乗り物は揺れますから細かい作業をする環境としては向いておりませんので特に注意が必要です。

おはようございますオノウエです。
ってマニキュアに詳しい様ですが僕はマニキュアを使いませんので全て聞いた話しです(笑)

 

マニキュアの除光液は爪の様な硬い物質に付いてしまった時には取り除くのに有効ですが生地に付いた場合に使用するのは不向きです

応急処置に取り敢えずマニキュアの除光液を使った殆どの場合には生地が白っぽくなってしまいマニキュア自体のシミは全く動かなかったという事があります。

マニキュアがお洋服に付いてしまいますと爪と違ってお洋服の生地に浸み込んでしまいます。

ですので、繊維内で固まってしまいその時点で既に取り除くのに除光液が使えるお洋服の生地に除光液を使っても表面の固まった部分だけが溶けて広がる感じになるんですね。

マニキュアがお洋服に付いたほとんどの場合が完全に取れない状態で広がったり他の部分に色移りした状態でクリーニング屋さんに再度シミ抜き依頼される事が多いのが現状です

絶対に除光液を使ってはいけない繊維が「アセテート」や「トリアセテート」です。

除光液に含まれている成分の「アセトン」という油分を溶かす薬品が生地を溶かしてしまいますので、生地が溶けてしまい硬くなったり溶けて穴が空いたりするんですね。

溶けかけの場合には油染みの様に濃く見えてしまう事もあります。

しかし生地自体が溶けてしまっておりますので元に戻す事は不可能です。

特にドレスに使用される事が多いのでドレス着用時のままのマニキュア使用は特に要注意です!

今回は生地的にも問題はなくマニキュアを取り除く事が出来ましたが、出来れば何も触らずに応急処置もせずにプロにおまかせ下さいませ。

近くのクリーニング屋さんでマニキュアを取ってもらえない場合にはぜひご相談下さいね。

【お洋服に付いてしまったマニキュア取りのご相談はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。