接着剤っぽいシミは触ると生地にダメージが発生する場合が多いので出来れば触らずにご相談下さいませ

接着剤のシミは基本的には洗剤を付けても漂白しても擦っても生地や色を傷めるだけで取り除く事は出来ません

はい、接着剤もそうなのですがコーキング剤等の生地に浸透して固まってしまうタイプのものは、生地ごと固まってしまいますのでその状態で折れ曲がると生地も割れてしまいます。

その後に接着剤を取り除いても既に生地の繊維が切れているケースもあります。

おはようございますオノウエです。

そうならない為にも取り敢えずは何もしない方が無難ですので、その後にシッカリと染み抜きの出来るクリーニング屋さんに特殊染み抜きで取り除いて頂きましょう♪

 

接着剤や瞬間接着剤の接着成分を溶かす事の出来る除光液等の薬品はアセテートやトリアセテートと言う繊維を溶かしますのでお洋服の生地には使用しない様にして下さい

接着成分を溶かす薬品とはアセトンと言う成分の入った製品の事です。

マニキュアの除光液がそうですね。

お洋服に使用すると生地の組成によっては溶けたり穴が空いたり等の大ダメージが発生致しますので自己処理はお勧め出来ないのです。

一番陥りやすいお洋服のメンテナンス事故な無理をする事です。

お洋服の生地や色が耐えきれない負荷を与えてしまい生地と色(色素)にダメージを発生させてしまうんですね。

そうなる前に是非とも困った時にはご相談下さいね。

ではでは~。

【もしも瞬間接着剤がお洋服に付いてしまった時にはこちらまでご連絡下さいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。