アセテートやトリアセテートのお洋服には染み抜きの時に決して除光液を使用しないで下さいね

お洋服に使われているアセテートやトリアセテートは即除光液を使うと溶けてしまいますので危険なのです

はい、こちらの染み抜きは何が付いてしまったのかは分からないとの事ですが仮にもしこのシミがマニキュアだと思っても決して除光液を使用しないで下さいね。

ちなみにお洋服の組成表示ですがこちらになります。

トリアセテートって書いていますよね。

もしもマニキュアが付いてしまったら先ずは使う除光液を使えば取れると思われがちです。
実際に普段から爪に塗ったマニキュア取る時には除光液を使用するのは当たり前の事なのですが、マニキュアが付いた対象が爪ではなくお洋服などの生地の場合には話が違います。

もちろんマニキュアは除光液を使えば溶けて取れる事にはな違いは無いのですが、このトリアセテートやアセテートは除光液に含まれている成分のアセトンでマニキュアと一緒に生地の繊維も溶けてしまうんですね。

おはようございますオノウエです。
そうなりますとトリアセテートやアセテートの生地は溶けたプラスティックの様になってしまい二度と元に戻る事は出来なくなってしまいます。

トリアセテートやアセテートの生地の取り扱いには十分に気を付けましょう!

 

実際にご自分でエタノールやアルコールでマニキュアのシミ抜きをされた殆どの場合には完全に取れない状態でクリーニング屋さんに再度シミ抜き依頼される事が多いのが現状です

実際にお家での染み抜きには薬品的にも機材的にも技術的にも限界がありますので、生地が溶けてしまい元に戻す事も出来ないどうしようもなくなってしまったお洋服のご相談をお受けする事もあります。

今回の何が付いてしまったのか分からないしみ抜きのご依頼はシミが付いてから取ろうとせずに何もされていなかったのが逆に功を奏しました。

結局は何が付いてしまったのかは分かりませんでしたが油性の強力な染み抜きをしてシミが動きましたので、そのまま引き続き更に強力な油性の染み抜きを行ったところ完全に取り除く事が出来ました。

どんなシミ抜きもそうなのですが基本的には何も取ろうとせずにそのまま持って来て頂く方がシミは取れやすいのです

トリアセテートやアセテートは溶けるとその部分が硬くなったり、接着剤でも付いたかの様に半透明に見える状態になります。

デリケート素材のお洋服に使用される事が多く、ドレスに使用される事やお洋服の裏地などにも使用される事が多い繊維です。

アセテート=天然素材の、木材パルプのセルロース成分と酢酸を作用させて出来た繊維で、半合成繊維(天然物と合成物が科学的に結合したもの)と呼ばれております。

トリアセテート=アセテートと同じ製造方法ですがアセテートと少し成分の違いがあり、より合成繊維に近い性質の繊維です。

と言う訳で!

衣類に何か分からないシミや、マニキュアや接着剤が付いた時には何も触らずにプロにおまかせ下さいね。
もし近くのクリーニング屋さんでマニキュアを取ってもらえない場合にはぜひご相談下さいませ。

【全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。