今回の様な襟裏部分のピンポイントタンパク質のシミの殆どの場合は擦り傷による外傷やアトピーなどによる汚れです

そんな血液等のシミはタンパク質ですので固まって変化してしまう前に早めにしみ抜きする事をオススメ致します

はい、見た目には隠れている部分なので分かりませんが、襟の裏に付いてしまったタンパク質のシミの殆どの場合は乾燥肌の為に掻いてしまったり擦り傷になってしまったりアトピー等による血液のシミです。

自分以外には人前でシャツを脱いだりしない限りは気が付きませんがやはりシミは気になりますよね。

特に血液の場合には熱が掛かってしまいますと非常に取れにくくなると同時に生地の変色の原因にもなりやすく、襟裏のお肌に直接触れる部分ですと余計に早く変化してしまいます。

おはようございますオノウエです。
白いお洋服でしたらまだ取れやすいですが色柄物やデリケート素材のシルク等は特に長時間シミを取らずに放置する事が無い様に心がけたいですね♪

 

デリケート生地は色が変色してしまう事も多くタンパク質が腐食してしまいますと生地自体にもダメージが発生致しますので早めのしみ抜きが有効です

今現在は変色していなくても時間が経ったり温度がかかってしまいますとタンパク質のシミなら腐食してしまい生地にも相当の負担をかけてしまいます。

特にシルクやウール素材の場合にはその素材自体がタンパク質で構成されておりますので生地に対するダメージはかなりのものです。

汗をかなりかいてしまっている場合はそのままにしておきますと水分と塩分がお洋服に悪さをしてしまい、お洋服が変化して黄色く変色等を起こしてしまう場合のほとんどの原因は汗の成分の残留が原因です。

ですので水を使う特殊ウエットクリーニングが黄ばみ予防に効果的ですので、気になる場合にはクリーニング屋さんの特別コースでお願いいたしましょう♪

今回の襟裏のタンパク質シミは完全に取り除く事が出来ました♪

「お気に入りのお洋服だから見えない部分でも綺麗にしてほしい」と言う様なそんな思いにもお答え出来る様に努力いたしますので是非ともお困りの場合にはお声かけ下さいませ。

「お洋服の裏生地にシミが付いてしまった時のご依頼はコチラ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。