何か分からないが擦れて付いてしまった黒いシミは気を付けましょう

墨の様な黒い不溶性(水にも油にも溶けない物質)のシミは細かいほど生地の繊維の奥に入り込んでしまい取れなくなります

はい、黒いシミの殆どの場合が水にも油にも溶けない固形物質なので、一度生地の繊維の奥深くに入り込んでしまいますと取り除くのが困難になってしまいます。

ですので、出来る限り固形物質を取り除く為に生地の繊維から浮かして取る方法が可能な薬品を使用いたします。

ですが、やはり繊維の奥深くまで入ってしまった墨(カーボン)の黒いミクロの物質は中々取り切れませんので最後にどうしても少しだけ残ってしまう場合が多いんですね。

因みに、電子顕微鏡でのぞかないと見えないミクロの繊維の一本一本を解いて取り除く事はどう考えても難しいです。

そう考えますと付いて直ぐの状態でも、付いてから時間が経った状態でもどこまで浸透しているかの状態によっては黒い汚れは取れにくくなるのです。

おはようございますオノウエです。

様々な薬品を使い、温度を掛けて生地を膨張させて取り除く努力は致します!

ですが中々完全には取り切れない場合もあるのが墨の様な黒い汚れであるカーボン汚れなんですね。

 

時間の経過というよりもどこまで生地の繊維に墨(カーボン)が浸透しているかが取り除く事の出来る指標になります

勿論なのですが、シミが取れにくくなる原因には温度や湿度等も関係しております。

その中でも特に大きく作用するのが時間です。

時間はその指標の代表的な一つになりますので、時間が経つと取れにくくなるという事が言えるのかと思います。

と言う訳で、取れにくくなってしまった状態の黒い汚れをお家で何とかする事は非常に難しいと言う事なんですね。

プロでも素材によっては洗えない製品であったり、生地の色が変化しやすいお洋服もあります。

ですので、特殊技術である有料のシミ抜きや色修正を行いますとお洋服の販売価格を大きく上回る事もあります。

それでも大事なお洋服の場合ですと、やはりシミ抜きや色修正をしてでも何とかしたいですよね。

今回の淡色系のパンツに付いてしまった黒い擦れの様な汚れは無事に取り除く事が出来ました。

もしもお家では何とも出来ない様な汚れやシミが付いた時にはご相談下さいませ。

【お家では何ともならないお洋服に付いてしまった汚れやシミのご相談はこちら

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。