古そうな濃いオレンジ色のシミがは無理に取り除こうとせずに先ずはご相談くださいませ

お洋服に付いてしまった濃い色のシミは非常に取れにくく生地によっては過度なシミ抜きをする事も出来ませんので要注意です

はい、お洗濯をしても取れないオレンジ色のシミがありましたら要注意です。

実はそのシミは洗っても既に取れないシミの可能性が高く生地や色(色素)に直接ダメージを与えてしまっているかも知れないんですね。

おはようございますオノウエです。

そうなりますと取り除けても生地が痩せて薄くなってしまったり、色(色素)が変色したり無くなってしまったりする事が多々あるのです。

ですのでご家庭での漂白を行う等の無理はせずに先ずはクリーニング屋さん相談致しましょう。

 

漂白の種類や手順を間違いますとシミは取れずに周りの色だけが変色したり無くなってしまう事があります

元々は目には見えない程度のシミでも時間が経つ事により、オレンジ色の濃いシミに変わってしまう事があります。

その原因はお洗濯やクリーニングでは取り切れなかったタンパク質等の汚れが、空気中の酸素と触れる事によって腐食して変化したからなのです。

クローゼット内で外気との温度差等でも湿度が高くなり水分などの湿気が発生すれば、カビなどの活動も促進されやすいのでそのシミの部分からカビてしまう事もあるんですね。

大切なお洋服の保管時には汚れやシミをお直し前にはシッカリと行う事は勿論の事ですが、保管中の環境もお洋服にとっては非常に大事な事の一つなんですね。

長期間お洋服を保管する場合には保管中の状態にも気を付けて、お洋服に出来るだけ変化が起きない様にお直し前には出来るだけの事を行った上で仕舞う様に致しましょう。

ではでは~。

遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。