デニム生地にバッグ等の皮革製品の色が付いてしまっても取り除く事は出来るかも知れませんよ

藍色がデニム生地は下手に染み抜きをしてしまいますとデニムの藍色が抜けて白っぽくなってしまいます

はい、デニム生地の藍色はシワになり凸凹が出来ますと摩擦によってご存じの通り色が抜けてしまいます。

それがデニム生地の経年劣化を楽しむ醍醐味ですが、突発的な汚れの場合には部分的に色が変化してしまう可能性がありますのでちょっとイヤですよね~。

その汚れやシミを取り除く場合には、デニムの藍色はとても変化しやすいので藍色にダメージを与えずに汚れやシミだけを部分的に取り除く事が求められます。

しかしお家では中々自分ではどうこうする事は難しいですし、もちろんクリーニング屋さんでもデニムの染み抜きは難しく藍色にダメージを与えてしまい色褪せさせてしまう事も多々あります。

今回のご相談もデニムに付いてしまった黒い汚れを取って欲しいと言うご依頼でした。

おはようございますオノウエです。
もちろん藍色デニムにダメージを与える事無く部分的なシミ抜きで汚れやシミを落とす事は可能ですよ♪

既にお家やクリーニング屋さんでの染み抜きで藍色にダメージを与えてしまい色が抜けてしまったデニム生地の藍色を色修正(染色補正)する事も可能です

先ずはやはりデニム生地の藍色はかなりデリケートでして簡単に色が移りやすく、逆に単色系のバッグやロング丈のお洋服にデニム生地の藍色が移ってしまう事もあります。

そこで注意点なのですがもし色が移ってしまっても、出来れば自分で取ろうとして決して擦ったりはしないでくださいね。

擦ってしまいますと衣類にダメージが残ってしまう事と、生地に汚れやシミが更に浸透してしまい余計に汚れやシミが取りにくくなってしまう為にその汚れやシミを取り除く時に一緒に藍色も抜けてしまうのです。

今回のデニムに付いてしまった黒い汚れは藍色にダメージを与える事なく取り除く事が出来ましたが、もしも既にご自分やクリーニング屋さんで藍色が抜けてしまったと言う場合には是非ともご相談下さいね~♪

【デニム生地のお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。