飾り等の異素材はお洗濯時に色落ちや色移りが発生しやすいので洗う時には注意致しましょう

お洋服に付いた飾りや濃い色の刺繍や部分皮革使いの異素材は本体とは違う素材で出来ておりトラブルが起きやすい可能性があります

はい、飾りや濃い色の刺繍や部分皮革使いの異素材が起こしやすいトラブルの原因のナンバーワンが色移りです。

それ以外にも解れたり接着剤が剥がれたり滲み出たり等のトラブルもありますが、圧倒的に多いのが部分使いの異素材から洗った時に流れ出る色(色素)が他の生地に移ったりその付属品自体も色褪せたりする事です。

おはようございますオノウエです。

パンツの後ろに付いている異素材のパッチラベル等もそうなのですが、水分を含み濡れるだけでも色がにじみ出てくる場合もありますので注意が必要ですね。

 

色(色素)が滲むかも知れないと思ったら見えにくい部分や目立たない部分で少しだけテストしましょう

例えばパンツの後ろ側にあるブランドロゴマークの入った異素材のパッチラベル等なら、裏側から水を垂らしてみて滲まないかチェックをする等の対策が必要です。

もしも色が少しでも滲んだ時には、水洗い致しますと盛大に色移りしてしまう可能性が大ですので一度踏み止まってクリーニング屋さんに相談する等の対策が必要となります。

既に色が出てしまっている場合でもパッチラベルを取り外して色移りを取り除いてから、またパッチラベルをパンツに張り付けて元通りにするというお直しとの融合のお仕事も可能ですので諦めないでご相談下さいませ。

今回の事例は有名ブランドのお洋服をお家でお洗濯した際に、胸元に付いている赤いレースの付属品から色が出てしまいあちこちに移ってしまったので何とかして欲しいとの事でした。

勿論綺麗に取り除き色止めを行いましたが、その後のメンテナンス次第では十分に気を付けないとまた同じ様に色が出てしまう可能性がありますので要注意です。

本体の素材とは違う素材が使用されているお洋服の場合には自宅でのお洗濯時には十分に気を付けましょう。

ではでは〜。

「付属品やブランドロゴマークの汚れやシミの色移りのご依頼はこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。