夏物衣料での一番多い染み抜きのご依頼が脇の所が部分的に黄色くなってしまったお洋服です

白いお洋服の脇部分がクローゼットに長時間保管している間に黄色くなってしまう事は意外に良く起こります

はい、クリーニングに出してから直したはずの真っ白いお洋服なのに襟ぐりや袖口やわきの部分が黄色くなってしまっていた経験のある方も多いと思います。

特に脇の部分は汗の成分が残りやすく汗をかいた部分と汗の付いていない部分の境目にこの様な黄色い線状のシミが出てきてしまうんですね。

脇の汗ジミは時間が経ってしまいますと酸化が促進してしまいかなり取れにくくなります。

今回の様な脇部分のピンポイントの黄色い汗ジミが発生してしまった場合には、全体的な漂白処理を致しますと生地全体にダメージを与えてしまい肝心の黄色いシミの部分は薄くなるだけで完全には消えません。

おはようございますオノウエです。
ですので汗ジミの出来た黄色い線をピンポイントで部分的に漂白処理をする必要があるんですね。

 

黄ばみの発生を抑えるにはシッカリと洗剤を使い洗って油成分を落とすと同時に黄ばみ予防の為に酸素系漂白を上手く使いましょう

白いお洋服で水洗いが可能なお洋服でしたらお洗濯を行う時に同時に液体の酸素系漂白剤を使用する事は可能ですので、まだ黄ばみが出てきていないお洋服でしたら黄ばみ予防をする事が出来ます。

既に黄ばんでしまっている場合でも液体の酸素系漂白剤を使用して漬け込み漂白を行う事で全体的な黄ばみを取り除く事が出来ます。

その時に漂白剤の量や水の温度や漬け込む時間を変える事により効果を強めたり弱めたりする事も出来るんですね。

漂白剤を漬け込みにより単体で使用した場合には最後にシッカリと濯いで薬品の残留も変色を招きますので気を付けましょう。

ですが、ピンポイントで濃く色が黄色く変化している場合には取り除く事は難しいです。

そんな時にはクリーニング屋さんの特殊染み抜きで黄色くなってしまったラインの入ったお洋服は染み抜きしてもらいましょう♪

 

今回お預かりの白い綿素材のセーターの脇部分の黄ばみは、部分的な酸素系漂泊により綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもお家では取れないと思ったシミは無理はせずにクリーニング屋さんを利用してくださいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はこちらから依頼が可能です

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。