お家では落とす事の出来ない沢山付いてしまった色んな種類のボールペンのインクでも何とかなるかも知れませんよ

もしも擦ったり漂白されたりしてご家庭で自己処理されておりますとクリーニング屋さんに持って行った時点ではもっと落ちにくくなってしまっている可能性が有ります

はい、日ごろから毎日使用する事のある会社の制服やユニフォームにはペンを常備して使用する事が多いです。

その時にノック式のボールペンの場合ですと、首からぶら下げている時にボールペンの先が出ていて制服やユニフォームに付いてしまう事が多々あります。

そう致しますと今回の様な小さいお子さんの落書きみたいな状態でインクが付いてしまうんですね。
まあ、本当に小さいお子さんが書いてしまう事例もありましたが(笑)

この様にお家ではボールペンのインクは少しの場合ならまだ対応出来ても、大量になりますと対処不可能になります。

おはようございますオノウエです。
こんな時には勿論プロにお任せするのが一番ですね!

でもクリーニング屋さんによっては出来ないところもあります。

しみ抜きをしても「これ以上は生地が傷むので落ちませんでした」等の返答が多く、シミが殆ど取れていない状態でお洋服が返ってくる場合には違うクリーニング屋さんでしっかりシミを落としてもらいましょう♪

 

シミに対して何も対応されていない方が実はシミは取れやすいので殆ど分からないレベルまでインクの染みを取る事が可能になります

例えばインクの染みが一か所に大量に付いてしまってインクが濃く赤っぽかったり青っぽかったりする場合には、少しでもアルコール系の入った薬品や水が付いてしまいますと一気に広がります。

その状態をインクの爆発状態と勝手に呼んでいるのですが、その状態になってしまいますとかなり時間を掛けてインクを取り除かないといけなくなるんですね。

今回の場合にはインクが濃く付いてしまった部分は無く、線だけが大量に付いておりましたので完全に取り除く事が出来ました。

もしも、ボールペンのインクが大量に付いてしまった時には、先ずは触らない事がかなり重要ですのでインクの処理の取り扱いには十分にお気を付け下さいね。

しみ抜きの実績のあるクリーニング屋さんなら「有料シミ抜きでお願いします」とお願いすればボールペンの染み抜きは一番よくあるシミ抜きなので取り除く事は可能だと思います。

もしも、近くにクリーニング屋がない場合にはクリーニングISEYAのオノウエにおまかせくださいませ。

「他店で落ちなかったインクの染みのご相談はコチラ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。