お洋服が色抜けしてしまいそのまま放置したり捨ててしまってはおりませんか?それ直るかも知れませんよ

淡色で毛足の長いお洋服の襟や袖口の色が変わっていませんか?それ何とかなるかも知れませんよ

はい、段々と寒さが増してきてそろそろ雪が降りそうですが今の時期に着用するお洋服のメンテナンスはシッカリと出来ておりますでしょうか?

色修正のご依頼で多いのが襟や袖口の色が汗や日焼けや等の影響で変化してしまっている場合や、何らかのシチュエーションで漂白剤が付いてしまい色が無くなってしまった部分を何とかして直して欲しいとのご依頼があります。

元々薄い色の淡色系お洋服は使用により使用感が出てきて全体に少しぐらい白くなっても目立ちにくいのですが、やはりピンポイントで生地が白くなってしまいますと気になるぐらいの状態になってしまいます。

おはようございますオノウエです。

そんな時には部分的に無くなってしまった色を再び入れ直して、目立たなくする事の出来る特殊技術である「色修正(染色補正)」が有効なんですね♪

 

色が変化する原因の中にはスレ等による物理的なダメージの他にも汗や皮脂の汚れが付いたままで時間が経ってしまったりして温度や湿度等の影響で色が変化してしまいます

実は最近この特殊技術である「色修正(染色補正)」のお仕事が急に多くなってきた節があります。

その背景にはリサイクルショップが認知され増えてきている事と、メルカリやラクマ等の個人売買が出来るアプリや昔からあるオークションサイトの影響だと思われます。

もうこのモノ余り時代に新品を購入しなくても、気軽に安価で購入できる中古衣料に対してのハードルがかなり下がってきているのかも知れませんね。

中古衣料と言っても中には定価よりも高額なもう手に入らないプレミアの付いたお洋服もあります。

実店舗のある中古衣料販売店なら実際に手に取って見て購入する事が出来ますが、ネットを介して購入する場合には画像しかお洋服を見る手立てはありません。

そこで画像のイメージとは違う状態でお洋服が送られてきたり、お洋服の細かい部分のスレによるダメージは画像では分からなかったり見た目が色褪せていたり変色していたりという事も多くあります。

そうなりますと特殊技術である染み抜きや色修正(染色補正)を行ってから着用するという考えも生まれてきますよね。

勿論それなりに技術料金が掛かりますからお洋服の価値に合わせて行う事になると思います。

 


染み抜きや色修正を行ってお直しする時には購入価格やブランド価値との相談になりますから一度ご連絡をして頂きお話をさせて頂いてから仮お見積りをしてどうするかを決める事も可能です

もしもお洋服の色が変わってしまったり色が抜けてしまってもクリーニング屋さんの特殊技術である色修正で直せる場合もあります。

ですので是非ともそんな時には特殊技術である染み抜きや色修正の出来るクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの特殊色修正のご相談はご要望はコチラ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。