ズボンの膝部分の色が変わっていませんか?それ何とかなるかも知れませんよ

ズボンの膝部分は手で擦ってしまいがちね部分で汗もかきやすく汚れが発生しやすく色も変色してしまう可能性が高いです

はい、ズボンの膝部分にはどうしても出っ張っている為に、生地への負荷がかかりやすく変化しやすい場所です。

よく座っている状態ですと手を膝の上に置いてしまったり擦ってしまったりする癖はありませんでしょうか?

手で擦ったりしてしまうと、手の皮脂汚れや暑い時には汗等の影響が起こってしまいます。

特に濃色のパンツ等の場合には色が変化する事が起きやすいんですね。

濃色の薄手のスーツの下や、濃色のパンツ等の場合には特に変化が顕著に現れてしまいます。

おはようございますオノウエです。

ズボンの変化を出来るだけ防ぐには、やはりクリーニングをしてメンテナンスする事が重要になってくるんですね。

 

クリーニング頻度が少ないと色が変化するなどの症状が早く出やすくなります

ただし、クリーニング屋さんのドライクリーニングだけを何回も繰り返しても、水溶性である汗の汚れは中々落ちません。

水溶性の汗の汚れをシッカリと取り除かずにそのままにして時間が経ちますと、水溶性の汚れ等の影響で色素が破壊されて色が褪せてしまう事も起こってしまいます。

この現象はスプレー型の抗菌剤を常時使用し過ぎても起こってしまいます。

スプレーでシュッっとして洗った様な気分になってしまうアレですね。

スプレー型の抗菌剤は汚れが取れる訳ではなく、上からフタをして抗菌や除菌効果を発揮致します。

ですので取れていない汚れはやがて酸化(腐食)して生地や色(色素)を痛めてしまいます。

酸化した状態でお洗濯やクリーニングをした場合には、汗や皮脂の汚れと一緒に色(色素)も取れて流れてしまうんです。

傷んでしまった色(色素)は洗剤にとってはただの汚れと同じで落としてしまうんです。

洗った拍子に色が抜けたり白くなって見えるのはその為なんですね。

今回のズボンはまだ色が変化する前の少し汚れている段階で、ウール製品でも出来るプロの水洗いである「ウエットクリーニング」(Wクリーニングとも言います)を行いました。

「ウエットクリーニング」(ダブルクリーニング)は通常では水洗い出来ないお洋服を、クリーニング屋さん独自の特殊な水洗いを行う事によって皮脂汚れや汗の成分を除去する事で色あせ防止するメニューです。

濃色のお洋服のズボンの膝の色が変わってしまったり抜けてしまったらそんな時にほお声掛けくださいませ♪

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。