濃い色コーデュロイジャケットの襟元が汗で変色してオレンジ色になってしまった

特にお肌が直接触れる襟元や袖口やポケット口等には色変化や色が抜けが起きて白くなったり赤くなったりする場合があります

はい、寒い時期に特に着用いたしますコーデュロイのお洋服の場合には、長時間着用する割にはクリーニング頻度も少なくワンシーズン着用しただけでも色が変化しやすいんですね。

特に濃色の場合には汗や汚れが反応しやすく変化が目に見えて現れやすい状態になってしまいがちです。

紺色や黒色の生地が赤っぽくなってしまう主な理由としては、汗の成分により時間が経ち化学変化したり使用による擦れ等のダメージもあり弱くなっている色素が抜けてしまい赤くなってしいます。

おはようございますオノウエです。
こんな時にこそクリーニング屋さんの特殊技術である「色修正(染色補正)」が有効なんですね。

しかもコーデュロイのお洋服の場合には特にその効力が発揮され、再び着用する事が出来る様になる事も多いですから捨ててしまう前にご相談下さいませ♪

 

無くなってしまった色を再び入れる事の出来る特殊技術の事を「色修正(染色補正)」と言いまして変色した部分だけを目立たなく修正して問題なく着用出来る様にする事が出来る特殊技術なんです

色修正(染色補正)とは無くなってしまった色を見極めて、その色を生地にもう1度入れる事でお洋服の色を元の状態近くに戻して再び着用する事が出来る状態にする特殊技術です。

かなり特殊なお洋服の修正技術ですので何処のお店でも出来る訳ではありませんが、この特殊技術を使用すれば今までは捨ててしまったりして諦めていたお洋服を再生する事が可能なんですね。

ちなみに当店では勿論この特殊技術である色修正(染色補正)を行う事は可能ですが、特殊技術の時間仕事ですのでどうしても価格と時間が掛かります。

 

もしもこの様な特殊技術を使ってでもお直ししたいお洋服がありましたら是非とも一度ご相談下さいませ。

お洋服の組成情報とお洋服全体の後ろ前の画像と直したい部分の部分的な画像を送って頂ければ仮お見積り致します。

今回お預かりした濃色のお洋服の襟と袖口の変色もお直し致しました!
お洋服の生地の種類によっては光の反射によりテカって見えてしまうケースもあります。

それでも現状よりも良くなればまた着用する事が出来たらうれしいですよね。

そんなお洋服の再生のお力になれれば嬉しく思います♪

ではでは~。

 

〇当店へのネットでのご依頼はこちらからよろしくお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。