浮き出てきたシミは時間を掛けて劣化してきておりますので表面の色も生地も傷んでいる可能性が高く簡単には取れにくい

クローゼットに保管中のお洋服に無かったハズのシミが出てきたのには必ず理由があります

はい、長期間の保管中に黄色いシミがポツポツと出てきてしまった事はありませんか?
実はそのシミは元々から何かが付いていた可能性があります。

元々とは言っても、目に見えるレベルではなく気が付かないほどの見えにくいシミだったりするんですね。

そんな事ある訳ないと思われがちですが、例えば透明のスポーツドリンクなどを零してしまい乾いたとしたら見えなくなりますね。

でもお洋服には実際にはスポーツドリンクの透明なシミが付いているのが現実です。
この様に見た目では分からない様なシミって存在するんですね。

そして、乾いて見えなくなってしまっているシミは見えないので気にならない状態になってしまいます。

その後に気が付かないまま長時間放置してしまっている状態になりますと、その成分は保管中に時間を掛けて温度や空気と反応して色が変化して目に見えやすくなりその後もドンドン変質して色や生地にダメージを与えていきます。

そしてお洋服に付いて無かったハズのシミが浮き出て来てしまう状況になるんですね。

おはようございますオノウエです。
その他にも取れていると思っていたシミが実は完全にはお洗濯や染み抜きでは取り切れていなかった様な状態ですと後から浮き出てくる事もあるんですね!

 

生地の繊維が起毛の場合でもポツポツと浮き出てしまったシミは取り除く事が可能かも知れませんよ

そして生地が傷んだ状態になりますと生地が痩せてしまい古いシミは黄色の状態になり、起毛の生地等は少し起毛が少ない様に見える事があります。

ウール等の動物性繊維の場合になりますと実際に生地が傷んでしまい起毛が無くなってしまっている事もありますが、ポリエステル等の化学繊維の場合にはシミが見える見え方に問題がある場合もあります。

起毛の製品でももちろん染み抜きは可能です!

かなり長時間経ったキバミのシミ抜きでも十分な油性処理の後に、酵素や漂白剤を使用した色素除去の方法で殆どの場合はキレイになります。

今回お受けした起毛素材のお洋服もポツポツ黄ばみも綺麗に取り除く事が出来ました♪

特にこの様な後から出てくるポツポツ系のシミが浮き出てきやすい部分はお洋服の正面の前身ごろや袖口等です。

やはりお洋服の前面には目に見えない細かな汚れやシミが付いており、ケアが出来ていない状態で長時間経ちますと胸からお腹に掛けての正面や袖口にはポツポツ系のシミが発生しやすいので予防として水洗いとドライクリーニングの両方を行う「ダブルクリーニング」が有効です。

※注意※クリーニング業者によっては水を使用しない水溶性の汚れが落ちにくいダブルクリーニングもあります。

ちなみによく分からない場合には無料にてご相談も受付しておりますのでお声掛け下さいませ♪

「後から出てきた黄色いシミが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。