ハンコ用の朱肉はボールペンのインクよりも取れにくいのでお洋服に付かない様に取り扱いには十分に注意致しましょう

実はハンコに使う朱肉はお洋服の生地に付いてしまうとボールペンのインクより取れにくいので取り扱いにはお気を付け下さいませ

はい、ハンコなどによく使われている朱肉ですが、今ではシャチハタ等もありそんなに使うシチュエーションも多くはないと思います。

ですが重要な契約書類等の場合や銀行などの書類に使用する場合等は結構朱肉を使うかと思います。

昔の朱肉の成分には現在では使用出来ない硫化水銀等が使用されておりましたが、現在では赤い色の顔料を使用してそこに油分を加えてその後もぐさや和紙の成分で粘度を出して作られている様です。

顔料に温度をかけた油を混ぜて更には粘度もプラスされて作られておりますので生地に付いてしまったた当然の事ですがかなり取れにくいんですね。

そら簡単に取れてしまう様でしたら困りますよね(笑)

でもこれがお洋服に付いてしまいますと大変です!

温度のかけられた油は酸化しておりただでさえお洋服の生地に付いてしまいますと取れにくいです。
そこに粘り気のある顔料の赤色が混ざっておりますから見るからに取れそうにありません。。

おはようございますオノウエです。
と言う訳でボールペンのインクとは違い成分も色んな物が混じっておりますので取れにくいんですね~。

 

今回の様な丈夫な綿生地等の場合ならまだ取れやすいのですがデリケートな生地のシルク等に付いてしまうとかなり厄介なシミになってしまうんです

朱肉以外でも落ちにくいボールペンのインクも最近ではあります。

色んな成分の混ざっている様な特殊な取れにくいインクのボールペンの場合でしたら、原料に使用されているゲルインク等も朱肉と同じ様にデリケート素材に付いてしまいますとかなり厄介です。

どちらの場合でも大体はクリーニングの染み抜きでお持ちいただく前に、お家で既に洗剤の原液を付けて擦ってから洗っていたり漂白剤を使用していたりする場合が多くみられます。

そうなりますと酷い状態でしたらシミが広がっていたり生地の地色が薄くなってしまっていたり変色してしまっていたりする事も珍しくはないんですね。

特に朱肉のシミは一度成分が生地に染み込んでしまいますとクリーニング屋さんでも取り除く事がかなり困難になります。

 

今回お預かりのお品物はキレイに取り除く事が出来ました。

もしも近くに信用のおける行きつけのクリーニング屋さんがない場合には、宜しければクリーニングISEYAのオノウエまでお声かけ下さいませ。

「お家では取れないシミのご相談お問い合わせフォーム」

大事な一品でしたら特に自分で触ってしまう前にまずはプロにご相談くださいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。