黒い濃色スカートの腰回り生地の色が白くなってしまっていても直す事は可能ですか?

摩擦が起きやすいお洋服の腰部分は擦れや脱色で腰回りの生地の色が白くなる事があります

はい、お洋服の色はある条件が重なってしまいますと色が変化したり薄くなってしまう事があります。
特にボトムスのスカートやパンツの場合には色が特に変化しやすい生地の部位があるんですね。

それはやはり動きのある部分に多く見られます。
ひねりの動きが発生する腰回りやパンツの場合ですと生地同士の擦れが発生しやすい股の部分になります。

濃色の生地の場合ですと変化が表れやすく、擦れ等の摩擦に弱く汗等の水分が加わりますと更に色の変化が加速されます。

そして、生地の色が抜けたりしてしまいますと生地が白くなるんですね。

そうなってしまいますとやはり気になります。

裏地の場合は他の方の目に触れる事は殆ど無いかと思いますが自分のテンションが下がってしまいます。

そんな時にクリーニング屋さんでは出来る事があるんです!!

おはようございますオノウエです。

濃色のお洋服の色が白くなってしまった場合には、無くなってしまった色を再び足してあげれば元の状態近くまで再生する事が可能なんですね♪

 

お洋服の無くなってしまった色を復活させる特殊技術である「色修正(染色補正)」という方法を使う事で無くなってしまった色をもう1度入れる事が出来ます

実はこのお洋服の無くなってしまった色を復活させる特殊技術である「色修正(染色補正)」という方法は古くは着物の時代からある特殊技術なのです。

しかし、この「色修正(染色補正)」と言う特殊技術自体も知らない方が多く、ましてやお洋服にも使える特殊技術としての認知度はものすごく低いんですね。

殆どの方が知りませんので諦めて捨ててしまう事も多くあります。

確かにこの色を復活させる特殊技術の「色修正(染色補正)」という技術は、全国でも限られた少数の方々しか出来ませんので知らない方も多いのです。

ですが現在ではお着物を扱っている方でもお洋服を対象にした「色修正(染色補正)」も行っている様です。
もちろん当店でもこの特殊技術の「色修正(染色補正)」を受ける事は可能です。

最近ではメールやライン@でのお問い合わせも増えてきておりますので、特殊技術の「色修正(染色補正)」も認知度が上がってきていると言えると思います。

もしもお気に入りのお洋服で色が変化してしまった時には捨てる前にご相談下さいね♪

ではでは~。

【ISEYAの全国配送対応の染み抜きご相談はこちらまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。