シルクの生地は傷んでしまいますと元には戻らなくなる可能性が非常に高くなりますのでご相談下さいませ

ブランドのシルクスカーフに黄色い筋の様なシミがあちこちにありますがそれって取り除く事が出来ますか?

はい、シルクの生地のお洋服を着用した事がある場合にはご存じの方もおりますと思いますが、シルクの生地は水分や摩擦やスレに非常に弱く生地の目が寄れてしまったり色が抜けてしまいます。

特にシルク素材はデリケートですので、色鮮やかなお品物が多い割には繊維が細く傷つきやすく直ぐに生地にダメージを受けやすいんですね。

特に弱いのが色です。

シルクは色を付ける時には高温度で定着させる事が出来ない為に定着が弱く、製品化された後でも水分やアルカリに弱い為に色が動いてしまい滲んでしまったり薄くなってしまったり致します性質があります。

もちろん擦れなどの外的要因のダメージにも弱く色が抜けるよりも生地がささくれてしまい白っぽく毛羽立ったりも致します。

おはようございますオノウエです。
そんなデリケートなシルク生地の素材ですがシミと取り除くのは勿論の事、色なども場合に寄っては色修正(染色補正)でお直しする事も出来るかも知れませんのでご連絡下さいね。

 

シルク製品はお家で汚れ取りや染み抜き致しますとシルクが傷んでしまっている場合には元には戻らなくなる可能性が非常に高いです

最近ではお着物の生地を使ってリメイクしたお洋服もあり、その時に使用するシルクの生地はお着物のリサイクルの生地です。

その場合には保管状況によってはやはり生地が痛んでしまっている場合もありますので、着物の状態なら使用頻度が低いので気にはなりにくいダメージでも常時使用のお洋服として使用致しますと直ぐにダメージが顕著に表れる可能性があります。

お着物のシルク生地はリフォームしてもその性質は変わりませんのでメンテナンスには気を付けないと直ぐに傷んでしまいますから気を付けましょう。

今回のシルクのスカーフに発生した黄色い筋状に色が変化した部分は、特殊染み抜きと色修正で殆ど分からない状態にまで回復致しました。

部分的に変化してもこの様にお直しには価格(今回の場合には一か所税込みで4000円弱)と時間(今回の場合には約一ヶ月)がかかってしまいますので着用すれば直ぐにチェックを致しましょう。

着用していなくても月に一回は出来れば状態を確認して、もしもシミが付いていたり色が滲んでいたりする様でしたらご相談下さいませ。

【全国配送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。