ポケットの底部分は表も裏も黄ばんでいたりインクが滲んでいる事が多いので気になる場合には染み抜き致しましょう

ポケットの中にはビスケットは入っていませんでしたが汚れやインクが溜りやすいので気になる場合には染み抜き致しましょう

はい、「ポーケットの中にはビスケットが一つ~」って言う叩くたびにビスケットが増えるという歌がありましたね♪

あれって割れて数が増えているのだとしたら、ポケットの底にはかなりのビスケットの破片があり汗等で濡れてしまいますと溶けてしまいシミになる可能性があります。

ってマジレスしてしまいました!
夢を壊してしまってすいません!!

と言うお話はさておき、シャツのポケットの中に入っているものと言えばレシートやつまようじ等があります。
これらは水分で濡れてしまいますと全て生地に色が移ります。

レシートなら紙で出来ておりますのでバラバラになったりします。
レシートに付いているインクは生地に付いてしまいますと簡単には取れません。

インクを使っていない感熱式でも黒い汚れが付いてしまったり致しますし、つまようじなら茶色い木のシミが出てきたり致します。

おはようございますオノウエです。
と言う感じでポケットの中は大変色んな汚れが付いている事が多く、着用時の汗やポケット内の物に気が付かずに洗ってしまったりしてシミや色移りや黄ばみが発生してしまうのです。

 

普段からお家で水洗い出来る生地のお品物でもポケットの中の裏地は皮脂汚れや汗による変色により段々と黄ばんできたりするんです

ポケットの付いているお洋服でしたらたまにはひっくり返してゴミを取り除く事をおススメ致します。
なぜならそのゴミや埃は色が出たりシミになったりする原因になるからなのです。

それ以外にもお洋服の何重にも生地の重なる部分は汗の皮脂汚れは勿論の事、洗剤の濯ぎ不足による残留等も起こりやすく非常に生地が変化しやすいのです。

ですので、たまにはポケットの裏地の状況もどうなっているのか確認する事も出来れば行いたいですよね。

今回お預かり致しましたシャツのポケット部分の黄ばみは綺麗に取り除く事が出来ました。

色柄物の場合ですと柄の色素も汚れをそのままにしておりますと色素が劣化して色褪せてくる事もありますので、出来れば汚れやシミがある事に気が付いた時点で染み抜きを致しましょう。

お家でのお洗濯ではポケットやポケットの裏地だけをピンポイントで汚れや染み抜きや黄ばみ取りとなりますとかなりハードルが高いです。

そんな時にはクリーニング屋さんの特殊部分染み抜きなら生地にダメージを殆ど与えずにシミを取り除く事が可能ですのでご相談くださいね。

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。