長期保管中に浮き出てきた数年前のオレンジ色になってしまったシミでも落ちる可能性はありますか

クリーニングやお洗濯での際に取り切れなかった見た目には見えないほどのタンパク質の汚れは時間と共に変化してやがて目に見える様になります

はい、冬物衣料のお直しクリーニングや染み抜きの衣替えはお済になりましたでしょうか?
特に食べこぼし等の汚れは早めに取り除いてケア致しましょう。

もしもケアが遅れてしまいますと色が変化してしまいますからね。

実は、何年前のシミでも基本的には生地の傷みがヒドくなければシミ抜きを行ってシミを取り除く事がある程度は可能なんです。

何故この写真の様な状態にお洋服がなってしまったのかと言いますと、クローゼットに保管する前には目には見えない何かが付いていたと思われます。

上から下に垂れた液体の様なシミの状態ですので透明に近い付いてしまったも見た目には気が付かないほどの飲み物と思います。

この様な場合には乾いてしまいますと目に見えなくなりますので、何か零して付いてしまったと思った時には必ず水洗いをして後にシミになって浮き上がってこない様に予防を行う必要性があるんですね。

ですが水洗いが出来ない様なデリケート素材のお洋服もありますので何でもかんでもお家で洗うという訳にも行きませんよね~。

おはようございますオノウエです。

「何かついてるんだけど見えない。。」
そんな場合にお勧めなクリーニング屋さんのコースが、ドライクリーニングとウエットクリーニング(デリケート素材用の弱い水洗い)の両方が出来る「W(ダブル)クリーニングが」有効です♪

どういう風に有効なのかと言いますと、通常では水洗い出来ない様なデリケート素材にも水を通す事で目に見えない水溶性のタンパク質汚れを全体的に取り除く方法だからなのです。

 

水を使用しないドライクリーニング等の洗い方では水溶性汚れであるタンパク質などの汚れは殆ど取り除く事が出来ません

付いてしまっても覚えがなくて見えない場合には、逆に目に見える様になって出てくるまで発見出来ませんので仕方ないですね。

全てのお品物に「Wクリーニング」を施せば問題ないのですが、クリーニング代金や時間の問題で中々そうも行きませんよね。

そんな時にはシミとなって浮き出てきて目に見えて発覚した時に対応する事になります。

長期間保管中に浮き出てきた「いつ付いたか?」「何が付いたのか?」も分からないお洋服のシミは、タンパク質や皮脂汚れが酸化しておりますので生地や色が劣化している場合も多いので見つけ次第にシミ抜きを行いましょう。

今回の時間が経ってから発生したキバミのシミ抜きは綺麗に取り除く事が出来ました。

色柄物の場合には生地の色素も破壊して色を壊して色を抜けさせてしまう場合もありますので、そんな時には色修正(染色補正)の処理が必要になります。

もしもそんな時には諦めて捨ててしまう前に一度ご相談下さいね。

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。