着る前洗いには昨年の食べこぼし汚れや皮脂汚れが付着したままですのでシミや変色の原因になります

お洋服は着用すれば食べこぼし汚れや皮脂汚れが襟首や袖口に付着してしまいますので変化してしまう前に染み抜き致しましょう

はい、特に今年は世間様では色んな事がありますので本来なら行うべき事が行えない、そんな日々が続いておりますよね。

お洋服のメンテナンスもそうなのですが、本来なら衣替えのシーズンですのでお家にある冬物お洋服をクリーニングにドサっと出してしまうハズです。

来年に向けてちゃんと片付けしたいですよね。

ですが忙しくて、何やかんやで衣替えのタイミングを逃してしまいますとその後は億劫になってしまいます。

お洋服を着用した後に、そのままクローゼットに直して着用する季節になってから洗って染み抜きをして着用する事を「着用前洗い」と言います。

着用しても汚れていないと判断してそのままクローゼットに次のシーズンまで直して保管するスタイルです。

最近では非常に多くなってきていますね。

おはようございますオノウエです。

後から浮き上がってくるシミの殆どが、お洋服に付いたままの取り切れなかった汚れやシミの変化したものです。

お洋服に付着した汚れやシミはそのままにしておくと時間を掛けてこの様に変化するんですね。

 

お肌の触れる部分には皮脂汚れが付着しており着用している時には食べこぼし汚れが付着してしまう事も考えられます

皮脂汚れや食べこぼしの汚れはそのままの状態で保管致しますとその間にシミになったり変色したりしてしまう事があります。

しかも長い時間をかけて浮き出てきたシミは突発的に付いてしまった食べこぼし等のシミとは違い非常に取れにくい頑固なシミなんですね。

シミの状態ならまだ良いのですがその部分を害虫により食べられてしまい虫食いの被害にあってしまう事も多いです。

ウールのお洋服に食べこぼしのシミが付いたままの状態は、衣類の害虫にとっては差し詰めご飯の上に卵をかけた卵かけご飯の様に美味しく頂けてしまいます。

そうやって衣類の害虫にお気に入りのお洋服達が美味しく食べられてしまうのは非常に悔しいですよね。

と言う訳で、クローゼットに直す前に洗って染み抜きしてからクローゼットにお直しする「仕舞い洗い」を致しましょう。

今回の染み抜きは油性のシミ抜きで、油膜を取り除いた後に水溶性の汗汚れを除去してから部分的に漂白して取り除きました♪

「仕舞い洗い」宜しくお願い致しますね!

ではでは~。

「襟や袖口の汚れやシミを見つけた時のメールお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。