長期間保管の際に薄く見えにくいぐらいの少し残ったお洋服のシミや汚れでも目に見える状態に変化する事があります

ほんの小さなシミやよく見ないと分からないぐらいのシミでも時間が経つと目に見えて色濃くなって浮き出てくる状態になる事があります

はい、普通にクリーニングを行って取れていないシミが残っている状態で長期間の保管をしておりますと、そのシミに色素以外のタンパク質成分が残っていた場合には保管状況の湿気や温度によっては変化する事があります。

それが年単位ともなりますとそう簡単にはシミが落とせない状態になっている事が多々あるんですね。

もちろん、1日しか着用していないし少しの時間しか着用していないからと、洗わずにクローゼットへの長期間保管に入ってしまいますと同じ様な現象が起こってしまう可能性もあります。

お洋服には着用すれば突発的な食べこぼし等が付いていなくても皮脂の擦れによる油性の汚れや、汗をかいたことによる水溶性の汚れも必ず何かしらの付いてしまいます。

その付着物が付いてしまっている状態での保管や、通常のお洗濯では完全に落とせなかったシミは時間が経つと後々に目に見えて変化してくるんですね。

おはよございますオノウエです。
そんな時間が経ってしまったシミがある事に気が付いたら出来るだけ早めに対応致しましょう。

 

もしも保管中に黄ばみが出てきたお洋服やインテリア類に気が付いた時にはその時点で既に生地に汚れが浸透しておりかなりガンコなシミの場合が多いです

シミは時間が経てばたつほど場合によっては生地そのものも劣化させてしまい、その後の染み抜き処置は慎重に行う必要性があり難しくなってきます。

ウール製品の場合ですとタンパク質の腐食によるアルカリ性の痛みには生地も色もかなり弱いです。

なので、シミ抜きの際には生地を傷めてしまったり色が無くなったり糸が痩せさせてしまわない様にして慎重にしみ抜きをしなくてはいけません。

もしも生地自体にダメージが発生してしまいますと、もうシミではなく色の変色と生地の劣化になりますので簡単には元の状態に近づける事は難しくなってしまいます。

今回お預かり致しましたベージュのパンツの生地(特に縫い糸)や色(染料)は、色が既に傷んでいる状態でしたので少し色の修正を施しました。

時間が経ってしまいますと時間と共に生地も色も傷んでしまい、そのダメージのある状態でお洗濯致しますと色が汚れと一緒に抜けてしまったり致します。

ですが、もしもその様な状態になってしまっても色修正である程度までは直す事は可能です。
と言う訳でお困りの際にはご相談下さいね♪

【時間の経ってしまった染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。