1日で少しの時間しか着用していなくても洗わずに長期間保管するのは黄ばみの原因になります

お洋服を長期間保管する前にはシミや汚れを取り除いてからお直し致しましょう

はい、夏物衣料はそろそろお直しの季節に入りますね♪

ほんの少しぐらいの黄ばみならそのままお直ししても大丈夫かな?と思われがちですが、それ実はあまり良くはありません。

今はよく見ないと分からないぐらいの小さなシミでと、時間が経つと目に見えて色濃くなって浮き出てくる状態になる事があります。

おはようございますオノウエです。

普通にクリーニングを行って取れていない場合には、お家では中々取り除く事が困難になっています。

そんな時にはシミ抜きの出来るクリーニング屋さんでの特殊シミ抜きでのお預かりとなります。

 

長期間の保管中にタンパク質成分が残っている場合には保管状況の湿気や温度によっては変化する事があります

お着物の場合には着用する機会も限られておりますからそのシミの付いた状況が続くのは年単位ともなります。

10年20年もののお着物のシミはザラにあるんですね。

そんなお着物のシミを落とすのがシミ抜き技術の原点ですので、お洋服の場合のシミ抜きにもその技術が使われているのです。

今回の時間が経ってしまったシミも数回のシミ抜き処理を重ねる事によって綺麗に取り除く事が出来ました。

と言う訳でもしも古いシミや黄ばみを取り除く事が出来なくてお困りの際にはお声掛けくださいませ。

【時間の経ってしまった染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。