淡色系お洋服の襟部分は汚れやスレで色が褪せてしまう前に対処いたしましょう

お洋服の襟や袖口の色が変色したり色褪せてしまうのは身体が直接触れる事で付くファンデーションや汗や皮脂汚れが原因の1つです

はい、今回お預かり致しましたのはシルクのブラウスの襟が黄色くなってしまったので何とかして欲しいとのご依頼です。

襟は生地と皮膚が直接擦れてしまう部分ですので、非常に生地の表面が汚れやすく色がダメージを帯びてしまいます。

勿論汗等の水分が加われば色だけでなく生地にもダメージが発生してしまい、縮みや擦り切れ等の症状も出てきてしまうんですね。

予防方法としては目に見えて汚れてきたり色が変化し出したら直ぐに対応する為に、先ずはクリーニング屋さんにご相談くださいませー♪

 

身体が直接触れ変色して黄色くなってしまって色が褪せてしまう前の対策はお洋服を長持ちさせる為に必要です

今回のシルクブラウスの襟の黄ばみは、先ずは皮脂汚れの油の油膜を完全に落とします。

その後に水溶性の汚れと黄ばみを部分的な漂白等で取り除きます。

最後に残った黒い汚れのスス(カーボン)も取り除くと汗や皮脂汚れの影響により色が薄くなっていたら色修正で仕上げです。

と言う事で今回の襟の黄ばみは綺麗に取り除き修正致しました。

早めの対応によりまだまだ着用出来ますので信頼の出来る友達のオススメの実績のあるクリーニング屋さんにご相談くださいませ。

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

当店でも勿論お受けしております♪

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。