クリーニングしてクローゼットに直していたらお洋服の袖や襟元のレース部分が黄ばんでいたその原因は?

長時間の保管中に後から部分的に浮出てきた黄ばみは取りきれてない汗等の汚れが変化したシミの可能性があります

はい、お洋服が黄ばんでしまう生地で一番多いのが綿製品です。
綿製品の場合には毛足がありませんのでぼやけて見える事も無く色の違いがはっきりと分かりやすいんですね。

長期間の保管時に特に出やすいのが白いレース生地です。

レース生地の場合には生地の無い部分が多数ありますので、多少濯いだだけで濯げている様に見えます。

ですので、洗って濯いだ後の脱水が不十分な場合が多く、洗剤や柔軟剤の成分が過剰に残ってしまい後々に変色しやすくなってしまうのです。

おはようございますオノウエです。

クリーニングやお洗濯を行っても濯ぎの不十分で取り切れていない汗の成分やシミが残っていると、着用頻度が高い場合にはそれほど出てはこないのですが長期間の保管は後々に変化する事がありますので注意してくださいませ。

 

1度洗った時にキレイに見えてもその時点でうっすらと残った取りきれていないシミや汚れは時間や温度がかかる事により見えるぐらいに変化して顕著にシミが現れてきます

黄ばみが出てきた衣類やインテリア類のシミ部分には、通常のお洗濯では完全に落とせなかったシミが残っていた可能性がが多いです。

しかも時間を掛けて浮き出て来た時点でシミが変化してしまっていますので、そう簡単にはシミが落とせない状態になっている事が多々あります。

こうなってしまいますと全体的な漬け込み漂白処理を行い、浮き出てきた黄ばみを破壊しなければならないのです。

今回の場合にはシミの表面の油膜をシッカリと取り除いた後に水溶性の染み抜き処理を施してから、部分的な漂白処理を少しきつめに行って綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもこの様な取れないシミがある場合には無料でご相談お見積りが可能ですのでご連絡下さいね。

ではでは~。

「メールでの全国郵送クリーニング対応メールフォームはこちら」

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。