白いお洋服は汚れやシミをケアしやすい色ではありますが生地を傷めてしまう様な過度の応急処置は控えましょう

色移り等の色が変になる心配もない白いお洋服はケアはしやすいのですが過剰なシミ抜きや漂白は生地を傷めかねませんので気を付けましょう

はい、白いお洋服の場合には色が滲んだり無くなったりする事は例外をお退いては殆どありませんので、ついついお洗濯時には擦ってしまったり過度な漂白を行って生地を傷めてしまいがちです。

因み白い色の例外と言うのは顔料染めの事です。

白い顔料染めとは簡単に言いますと、生地をペンキの様な白い塗料で覆ってより発色の良い白色を見せる為に行っている染め方なんですね。

もっと正確に言いますと顔料染めとは言いますが、染めているのではなく表面に塗料を吹き付けているという感じです。

その場合には白いお洋服ではありますが、過剰な物理的なダメージには弱く時間が経つとひび割れたりベトついてきたり致します。

おはようございますオノウエです。

この様な例外ありますが白いお洋服はメンテナンスが比較的に行い易く、汚れやシミも目立ちやすいので早めの対応でクリア出来る事もあります♪

 

お気に入りの白いお洋服に限って知らない間に汚れやシミが付いていたり致しますが汚れやシミの早期発見には有利な色なのです

この様に逆に考えますと白い素材と言うのは、汚れやシミが目立ちやすいので早めに発見する事が出来てクリーニングやしみ抜きを行う事が可能なんですね。

白いお洋服は汚れると目立ちやすい反面に良い所は、汚れやシミが明確に分かりやすく色落ちの心配も起こらないと言う事です。

白いお洋服等の繊細なお洋服ほどそうなのですが、着用をする場合には常に綺麗な状態を保ち使用する事が出来ればかなりのオシャレになります。

白色はクリーニング屋さんにとってもケアしやすい色であり、ファッションの永遠の定番でもありますから常に綺麗な状態を保って着用したいですね♪

今回の白いジャケットの襟に付いておりました何か分からない黄色いシミも綺麗に取り除く事が出来ました。

白いお洋服は色付きのお洋服と比べてメンテナンスが用意とはいえ、しかしながら衣類にダメージがありますと汚れやシミは取れにくくはなってしまいますので生地を傷めてしまう様な過度の応急処置は控えましょう。

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも郵送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。