色違いのストライプやボーダーのお洋服は市販の洗濯洗剤に長時間漬け込み過ぎますと色が出る事があります

洗濯洗剤での長時間漬け込みは色が出る事がありますので水と洗剤に時間を長く浸け置きするのは控えましょう

はい、お家でのお洗濯で汚れたお洋服を市販の洗剤である○マールに漬け置きしたところ、濃色の色の部分から色が滲んで他の白い部分に移ってしまうと言う事例は結構起こっています。

基本的には水や洗剤に長くお洋服を浸けておりますと、擦れ等で既にダメージが発生して弱っている色の部分から順番に抜けてしまうのです。

今回はたまたまオシャレ着洗剤として一番使用されている市販洗剤の○マールで起こりましたが、他のメーカーの洗剤でも起こる可能性は十分にあるんですね。

何故なら、お洋服の色(色素)の傷み具合が色の出る原因である可能性が高いからです。

おはようございますオノウエです。

お家でのお洗濯でお洋服が変な事になってしまったとのご相談はよくあります。

その中でも特に多いのがボールペンを入れっぱなして洗ってしまった事と、他のお洋服や濃色部分から淡色部分への色移り等のご相談なのです。

 

色移りが発生するそのお伺いした状況には全て共通点がありそれは水と洗剤を使用して長時間お洋服を漬け込んでしまった時に発生しやすい様です

主にデリケート素材に使用する様な洗剤は液性(洗剤の性質)が中性洗剤が多く、弱アルカリ性や弱酸性と言う種類もありますが全ての洗剤には界面活性剤と言う同じ成分が多かれ少なかれ入っています。

この成分が入っていないと汚れが取れにくく取れた汚れがまた洗っているお洋服に付いたりするのです。

洗剤に入っている界面活性剤は汚れを生地から引き剥がして取り除き、尚且つその取り除いた汚れが再びお洋服に付いてしまう事を防ぐ役割があるんですね。

ただし!

痛んでしまって取れやすい状態にある色(色素)は洗剤にとってはお洋服についてしまった汚れと同じなのです。

ですので、スレ等のダメージを受けて痛んでしまった色(色素)は非常に取れやすい不安定な状態でお洋服の生地の上に乗っかっているだけなので洗剤に動かされてしまうんですね。

今回は濃色のストライプから色が出る事もなく黄色いシミは綺麗に取り除く事が出来ました。

もしも色が滲んだり他の部分に移っても修正する事はある程度は可能ですのでお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

「メールでの全国郵送クリーニング対応メールフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。