色柄物のお洋服は洗剤水に長時間漬け込み過ぎますと色の部分から色が流れ出して他の部分に滲んで移動してしまうかも

お家でのお洗濯で汚れを取り除く為に洗剤水に漬け込む場合には色移りに注意致しましょう

はい、今回の染み抜き依頼でお預かりしたお洋服はパンツの裾の黒っぽい泥の様な汚れですが、もしも洗剤水に漬け込んで汚れを浮かせてから洗う方法をとるとしたら気を付けないといけない事があります。

大量の雨に濡れてしまった場合も同じなのですが、お洗濯時に水に長時間漬け込んだままで放置してしまいますと濃い色が薄い色や白い色の部分に移ってしまう事があります。

原因は色が移りやすい濡れた状態が長く続いているからなんですね。

生地の上にある色が擦れや汚れに寄って傷んでいる場合にはなおさらです。

傷んでいる色の部分から水や洗剤水の力により徐々に色が流れ出して他の部分に色が滲んで移動してしまうんですね。

おはようございますオノウエです。

一度お洋服の生地から滲んだりして離れた色はもう定着力の無い色ですのであちこちに移ってしまうのです。

 

移動した色は分子結合が離れてしまった弱っている色なので逆に考えますと取ろうと思えばまだ色が動きやすく行う染み抜きの方法によっては安全に取り除く事が可能です

今回のパンツの裾にある泥汚れの様な場合でも何もしていない状態なら、まだ生地の上に汚れが乗っているだけですので取り除く方法によっては比較的に綺麗に取り除く事が可能です。

他の部分に移ってしまった色も同様に、移ってしまってからまだ何もしていない場合には非常に取れやすい状態なのです。

ただし、その時に再度のお洗濯や擦ったり漂白したりと何かしらの処理をされている場合には取れにくくなります。

もしも色移りや取れそうにない擦れ汚れ等に気が付いたら何もせずにご相談頂く事をおススメ致しますね。

お洋服の色移りは洗剤や漂白剤を使用して取り切れない場合には、生地に付いた色が更に強く生地に定着して取れにくくなります。

特に洗濯頻度の低いお洋服やネクタイの場合には色が長年の着用により傷んでしまい、他の部分に滲んで移りが起こりやすくなっていますのでご用心です。

移ってしまった色はその場に定着してしまうとお家ではもう取れなくなりますので、お家では取れない擦れ汚れや色移りが起こってしまったらご相談下さいね。

ではでは~。

「取れない汚れや色が他の部分に移ってしまった場合のお洋服の染み抜きお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。