濃色生地の襟の色は着用によるスレや汗のダメージを蓄積してお洗濯時に汚れと同時に傷んだ色まで取れてしまいます

濃色のお洋服の襟部分は汗等の影響によりどうしても色が変化する事が起きやすいので要注意です

はい、ジャケットの襟部分にお肌が直接付いてしまいますと皮脂汚れや汗が微量でも付いてしまい、目には見えませんがお洗濯するまでの間隔が空いてしまいますと変色してしまう可能性が高くなります。

特に暑くなってきますこれからの季節には濃色のお洋服を着用する時には気を付けないといけない事があります。

それはメンテナンス不足による変色や脱色です。

お洋服にはほんの少しの時間でも汗をかかない程度の気候でも、着用すれば必ず多かれ少なかれお洋服には皮脂や汗が付着しそのほんの少しの皮脂や汗の成分が時間と共にお洋服に変化をもたらします。

今回の青色のジャケットは長期間の保管中に色が抜けてしまった事に気が付いた例です。

おはようございますオノウエです。

特に色が落ちやすいタイミングはお洋服をお洗濯やクリーニングや染み抜きをした時です。

既に傷んでしまい弱っている色が汚れと一緒に剥がれ落ちてしまうからなんですね~。

 

お預かりした時には襟部分の折り目の色は逆に濃い色になってたのに何故洗ったら白くなるのでしょう

汚れた襟や袖口の色が濃く見えるのは、皮脂や汗の汚れの影響でお洋服の襟や袖口部分に起こった油分のグリース効果が色を濃く見せているのです。

グリース効果とは油分が光を乱反射させる事により人間の目には色濃く見える状態になります。
生地に油が浸み込むと黒く見えるのと同じ現象ですね。

ですが、

その皮脂や汗の油分のその下にある生地の色は着用によるスレも加味してダメージを帯びておりますので、汚れによるグリース効果が洗浄により取り除かれたと同時に傷んだ生地の色(色素)まで取れてしまい色が無くなって白く見えるんですね。

でも実は、色(色素)が無くなってしまって白くなってしまったお洋服の襟や袖口の生地でも無くなってしまった色を後入れして目立たなくする事は可能なのです!

保管中の状態や状況にもよりますが、皮脂汚れや汗等の変化する影響でその下にある色(色素)が腐食して破壊され色が褪せてしまうなどの症状がお洋服には出やすくなります。

お洗濯いたしますと弱ってしまっている色(色素)は汚れと同じだと洗剤に認識されて、汚れと一緒に流れ出てしまうんですね。

そうなりますと洗い上がって乾かしてみたら今回の様な紺色の襟の色が無くなって白くなっしまっていたとう言う事が起こってしまうのです。

ならば、

無くなってしまった色を再びお洋服に入れる事によって色を元の状態近くに戻せばよい訳です。

その場合には今回の様に無くなってしまった色を足してあげて元の状態に近づける事の出来る技術である色修正(染色補正)を行います。

もしも色が変化してしまっていても、色を元の状態まで復元して近づける技術である色修正(染色補正)で直す事が出来るかも知れませんのでその時にはご相談下さいね。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。