外食時にソースやタレや汁等が付いてしまう食べこぼしですがそんな時には擦らない様に注意して下さいね

知らない間に食べ物のソースやタレや汁等が飛んだりして付いてしまった時に応急処置して取れない成分は油汚れの場合が多いです

はい、先日に友人とお食事致しましたところ僕の目の前でケチャップが友人の白いシャツに付いたようで、僕が声掛けをする前に直ぐに紙おしぼりでゴシゴシと擦ってしまいました。。

その後に直ぐに、「擦らずに水をタップリ含ませた紙おしぼりで摘まむ様にして、紙おしぼりにシミが移るのを確認しながら少しずつずら紙おしぼりの綺麗な部分で押さえるんやで!!」

と助言しましたが時すでに遅し。
見事に白いシャツにはもう滲みもしない赤い色が付いてしまいました。

この状態は水溶性のシミが完全に油と色素の状態になって生地に浸透してしまっている状態です。

こうなってしまいますと界面活性剤の入っている中性洗剤を少しつけて油膜を破壊した状態で、弱アルカリ洗剤を使用してお洗濯すると殆ど見えなくなるぐらい取り除く事が出来ます。

この方法はあくまでも白い綿素材の場合で生地が違えば方法も変わってくるんですね。

おはようございますオノウエです。

お家のお洗濯で取れない濡れた様なシミは浸透して油膜を張ってしまった取れにくい油性のシミである場合が殆どです。

 

最初の応急処置の段階で如何にして生地に色素や油や水溶性のシミが浸透する前に取り除く事が出来るかどうかがカギとなるのです

お家での水洗いで取れない汚れといえば油汚れや黄ばみやインク系のシミです。

生活の中でもっとも付き易いのが油のシミなんですね。

殆どの料理には油が使用されていますが火を通さないサラダ等に掛けるオイル等はまだ取れやすいのですが、焼き肉や中華を食べに行った時に付いてしまった油は取れにくい油なんですね。

その違いは、調理過程で油に「温度を掛けているか?、いないか?」なんです。

調理後の油には様々な成分が混じっておりますが、特に一度高温にした油に関しては簡単には中々取り除けないケースが非常に多いんですね~。

因みに今回の薄手のお洋服に付いてしまった油シミは部分的な油性処理のみで落とす事が出来ましたので、恐らく高温の掛かった油では無くサラダに掛かっている常温のオリーブオイル等と想像出来ます。

お家でのお洗濯ではそれでもデリケートな生地ですと中々油汚れは落とす事が難しい場合がありますので、そんな時には部分的にシミを取り除く染み抜きの実績があるクリーニング屋さんに相談致しましょう♪

『しみ抜き全国対応お問い合わせフォームはこちらから』

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。