お洋服に付いてしまった濃い色に見えるインクは触ると広がりやすく滲んでしまうので取り扱いには気を付けましょう

ボールペンのインクはシミとしては毎日と言っていい程に一番ご依頼が多くある染み抜きの一つです

はい、一番多いシミ抜きの種類がボールペン等のインク落としの染み抜きです。

という事はインクの染み抜きなら経験のあるクリーニング屋さんも多いので、比較的安心してお願い出来る有料染み抜きの一つなんですね。

ただし、
インクの染みに関しては中々取れにくい成分の場合や状況の場合もあります。

インクの種類には水性や油性の他にもゲルインク等のインクもあり、そのインクの種類によっても取り除き方が変わってくるんですね。

状況としては生地や糸に浸透してしまっているインクや、生地自体が傷んでいたりデリケートな素材だったりする場合です。

今回ご依頼いただきました染み抜きの様なインクの染みの場合には生地の色が白色ではない事と、黒と赤などの違う色が混じっている事とと、既にお家やクリーニング屋さんで染み抜きをして取れなかったと言う状態でした。

おはようございますオノウエです。

因みに、今回の様なこれ以上はどうしようもないと普通では諦めてしまうこの状態が当店では一番よくご依頼を頂く状態です。

もしもどうしようも無いと諦めるお洋服があれば、捨ててしまうその前に是非とも一度ご相談下さいね♪

 

ボールペンの先が少し擦れたぐらいでシュッと線が入ったぐらいのボールペンのインクの染みならご家庭でも落とす事は可能な場合もあります

生地は白い綿の生地限定ではありますがこんな方法があります。

以前にご自宅でのボールペンのインク取り等を詳しく書いたブログです。⇒「家庭で出来る簡単シミ抜き」

台所用の中性洗剤やアルコールでインクを弱らせてから、ティッシュ等で摘まんで少しずつティッシュ側にインクを移して取り除き、最終的にお洗濯して水で洗い流せば殆ど分からないぐらいになります。

この方法は主に油性のインクに対しての処置方法ですので水性やゲルインクの場合にはご相談下さいね。

今回の様なシミに既に手を加えてしまっている様な場合や、大量にインクが漏れ出した様なインクのシミは応急処置はしない方が無難です。

何もせずにそのままか、濡れている場合なら日陰干しで乾かしてからクリーニング屋さんにお持ちする事をお勧め致しますね。

決してインクの染みは取り除くのに熱湯を掛けたり、乾かすのにドライヤー等で熱を掛けたりしない様にお願い致します。

インクに熱を掛けてしまいますと一気に取れにくくなりますのでご用心を!

と言う訳で、今回の様な応急処置やお家での染み抜きやクリーニング屋さんでの染み抜きで落ちきれなかったシミでもどうぞご相談下さいませ♪

「お家や他店では落ちなかったお洋服シミ抜きのお問い合わせはこちらです」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。