お家のお洗濯で取れない濡れた様なシミは取れにくい油のシミである場合が殆どです

知らない間にタレや汁等が飛んだりして付いてしまう油汚れですがこの時に付いてしまった取れない油は高温で調理して変質した油なんです

はい、お家での水洗いで取れない汚れといえば油汚れや黄ばみやインク系のシミです。
その中で最も生活の中で付き易いのが油のシミなんですね。

僕も焼き肉や中華を食べに行った時には知らない間に必ずと言っていい程お洋服にシミが付いていたり致します(笑)

殆どの場合がその取れにくい油のシミに気が付くタイミングはお洗濯をして洗いあがってから乾いて洗濯物を取り込んで畳んでいる時です。

もうタンスに直すだけの時にシミが付いている事に気が付いた時には「あ~あ。。」って感じですよね。

おはようございますオノウエです。
付いた直後には気が付かない場合も多い取れにくい油のシミですが、調理後の油には様々な成分が混じっておりますので簡単には中々取り除けない状態であるケースが非常に多いんですね~。

 

基本的にはお洋服に付いている洗濯表示タグがドライクリーニングが出来る表示ならクリーニング屋さんのドライクリーニングで油シミが取れる事があります

クリーニング屋さんのクリーニングはドライクリーニングと言う水を使わないクリーニング方法です。
ドライクリーニング専用の水ではない油由来の溶剤で洗う事によって油汚れを取り除きます。

油を取り除くには油で洗う事が一番取れやすい方法なんですね。

油と言っても一般的に想像出来る灯油とかガソリン等とは違い、お洋服を洗う為だけに生成されたサラサラの油ですので水を使った洗い方よりもお洋服にとっても非常に負担の少ない洗い方なのです。

ですが例外もあります。

洗濯表示にドライクリーニングが✕と記載されている場合には、ドライクリーニングを致しますと何らかの反応を起こして生地が硬くなったり剥がれたりする成分がお洋服のどこかに使用されているという事なんですね。

ですのでその場合にはまた対応の方法が変わってくるのです。

今回のお洋服の場合には「ドライクリーニングは出来ない」という表示がありましたので、そのお洋服にはドライクリーニング出来ない何らかの原因があります。

お洋服が合成皮革(ポリ塩化ビニル)で出来ております様な生地ですと、ドライクリーニングの溶剤と反応を起こして生地が硬くなったり剥がれたりする場合があります。

プリントがある生地の場合にもプリントの樹脂が剥がれたりひび割れたりするような事があります。

お洋服のどこかにドライクリーニングを行うと不具合が出るような素材が使用されている可能性があるからドライクリーニングが出来ない表示になっているんですね。

もしも、そんな場合でも可能な事があります。

部分的に染み抜きを行えば取れる事がありますから染み抜きの実績があるクリーニング屋さんに相談致しましょう♪

『しみ抜き全国対応お問い合わせフォーム』

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。