インクの種類には油性・水性・ゲルインクと色々あり種類によって落ちにくさも変わります

インクの種類には油性・水性・ゲルインクと色々あり種類によって落ちにくさも変わります

はい、例えば油性のマジックやボールペンは取り除く事が難しく、何となく水性の場合には水で落ちそうなイメージですので水を使って落とせば落ちると思われがちです。

ですが水性の方がお洋服に付いてしまいますと圧倒的に落ちにくいんですね。
油性や水性の違いは取り除く時に油や水を使えば取れるという意味ではありません。

製造の段階で油性は水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性で、水性は製造の段階で油も使用してますが水を使っても薄めて作られるので水性なのです。

水性ペンキ等は液体の状態であれば水で薄める事が出来るので水性なんですね。

おはようございますオノウエです。

油性のインクより水性のインクの方が水を使えば落ちると思われがちなのですが、水性の種類によっては油と水の両方を製造段階で使用しているものもありますので油と水の両方の処理を必要とする為に油性のインクよりも落ちにくいのです。

そしてゲルインクはその両方の良いトコ取りをして、更に顔料(水にも油にも溶けない不溶性のもの)も加えた最も落ちにくいインクです。

 

インクは洗剤や水分を含むと広がりやすく滲んでしまうので溶けて広がってしまわない様に気を付けましょう

ボールペンのインクがお洋服に付いてしまった場合に取り除ける方法をネットで調べて見ますと歯磨き粉を付けて擦る等の本当にそれでいいのかな?と言う様な情報もあります。

ボールペンのインクはシミは一番ご依頼が多くある染み抜きの一つですが、お家でも取り除こうと思えばシッカリと手順を踏めばある程度なら取り除く事は可能です。

と言う訳で!

こちら簡単な方法を載せておきますね。

勿論全てにおいて対応している方法ではありませんので、行う場合には自己責任でよろしくお願い致します。

【お家でのボールペンのインクのシミを取り除く方法】

用意する物: 中性洗剤(台所用で可)・白い綿タオル2枚(1枚は予備) 歯ブラシ(山切りカットが良い)又は綿棒。

① まず対象のお洋服の生地の下にタオルを下に引いて、対象のお洋服をその上に置き中性洗剤を少しシミに垂らして歯ブラシで擦らずに上下に動かしてシミを叩きます。

 タオルにインクが移りますので少しずつずらして常にタオルのキレイな部分にシミを移す様なイメージで行ないましょう。

③ そろそろインクの染みが薄くなってきましたら、そのまま洗う事でインクが取れる可能性がある状態になりました。

 ①②③が終わりまりたらそのまま直ぐにお洗濯を致しましょう。

注意点:多量に付いた場合は広がるだけですので、迷わず触らずそのままの状態でクリーニング屋さんにインクのシミ抜きでお願いいたしましょう。

※クリーニングISEYAお洗濯セミナーより抜粋

ただし!!!
ボールペンが壊れてしまい大量にインクが漏れ出した様なインクのシミはご自宅での対応は殆ど不可能です。

そんな時には逆に触ってしまいますと余計に広がってしまいますので触らずにお持ちくださいませ。

シミ抜き技術の高いクリーニング屋さんならほとんどの場合は着用出来るレベルまではもっていけますのでご安心下さいませ。

今回はボールペンのインクが付いた時点で何もせずに早めに持って来て頂きましたので綺麗に取る事が出来ました♪

今回の様な応急処置やお家での染み抜きやクリーニング屋さんでの染み抜きで落ちきれなかったシミでもご相談下さいませ。

ではでは~。

「お家や他店ではシミが落ちなかったお洋服のシミのお問い合わせはこちらです」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す